ジャニー社長家族葬 木村拓哉が中居のために空けた隣の空白

7月18日(木)16時0分 NEWSポストセブン

中居はジャニー社長が倒れた際、真っ先に病院に駆けつけたという(写真は今年6月)

写真を拡大

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)の“家族葬”が7月12日、東京渋谷のジャニーズアイランドの稽古場で営まれた。ジャニーズ所属のタレントとジャニーズJr.など、150人が参列した。しかし、ジャニーズの現役タレントで家族葬に姿を見せなかった人がいる。中居正広(46才)だ。


「中居さんは、ジャニーさんが倒れたと聞いて真っ先に病院に駆けつけたうちの1人です。それほどジャニーさんへの思いが強い人が、家族葬に姿を見せないのはあまりに不自然に感じました」(スポーツ紙記者)


 記念撮影の場にいなかったのは中居だけではない。当日、大阪でコンサートをしたKis-My-Ft2は参加できなかった。


「嵐の櫻井翔さん(37才)もロケのためスイスにいて参加できませんでした。生田斗真さん(34才)や風間俊介さん(36才)など、仕事と重なり、午前中だけ顔を出したメンバーもいました。みんなドラマや地方の仕事など、30分も抜けられない事情で仕方なく欠席することになってしまった」(芸能関係者)


 確かに中居もその日はレギュラー番組『中居正広のニュースな会』とプロ野球『マイナビオールスターゲーム2019』(ともにテレビ朝日系)の仕事が入っていた。


「かなり過密なスケジュールだったことは間違いありません。ただ、事務所としては中居さんのスケジュールは最大限に優先する意向だったはず。中居さんも自分がメインの番組ですから、時間を調整して家族葬と記念撮影などに出ようとすれば出られたはず。櫻井さんも仕事の都合で家族葬には出席できませんでしたが、なんとか火葬場に駆けつけてほんの少しだけでいいからと、最後の別れを伝えたのに…。


 むしろ中居さんが出ないとどのようにいわれるかという影響力を考えれば、出席することこそ大人の判断だったのではないでしょうか。だからこそ中居さんが退所を決意したと報じるメディアもありました」(前出・スポーツ紙記者)


◆五輪の総合司会が途切れたから


 退所報道の根拠はそれだけではないという。7月5日、TBSの東京五輪関連番組の総合司会を安住紳一郎アナ(45才)が務めると発表された。


「それまでTBSの五輪中継といえば、中居さんがメインキャスターを務めてきました。2004年のアテネ五輪から昨年の平昌五輪まで、夏季、冬季合わせて足かけ14年続けてきたのです。しかし、それをわざわざこのタイミングでTBSが中居さんではなく“安住アナ”だと発表した。


 中居さんにはこれまで何度かジャニーズ事務所退所の報道がありましたが、東京五輪のメインキャスターを終えるまではそういった動きはないものとみられていました。ジャニーさんが倒れた後にこのようなことになったので、中居さんが何らかの意思表示をしたと見るのは当然のことでしょう」(テレビ局関係者)


 家族葬の翌日、中居が司会を務める番組『音楽の日』(TBS系)の生放送も一因となった。


「司会として、総勢13組が出演したジャニーズグループをまとめ、滝沢さんが演出したパフォーマンスをJr.が披露する前には滝沢さんの手紙を代読しました。”YOUは人を笑顔にするんだよ、悲しんでる場合じゃないよ、というジャニーさんの声が聞こえるような気がして、私たちは少しずつ前に進み始めています”という内容でした。滝沢さんは表舞台を降りていますからメッセージを出すのは異例のこと。家族葬の記念写真にももちろん写っていません。


 これは中居さんたっての依頼だったので受けたそうです。中居さんの振る舞いがまるでジャニーズ事務所への最後の奉公かのように見えた。中居さんが後輩たちを見る目が潤んでいましたし、いろいろな状況が重なって退所報道になったのではないでしょうか」(番組関係者)


 中居は義理人情に厚い男でも知られる。芸能界でのひとつの区切りが、ジャニー社長の死去にかかわってもおかしくはない。


「恩師であったジャニーさんが亡くなったのをきっかけに退所…という流れは、考えられなくもないが、家族葬欠席は退所の意思表示とはまったく関係ないと思います。ジャニーさんは“Show must go on”の精神の持ち主で、何かあったからといって仕事に穴をあけるのを極端に嫌っていました。中居さんはそれを、誰よりもよく知っているので、仕事仲間に迷惑をかけない、気を使わせない形を選んだんでしょう。そして、不仲といわれている木村さんと同じ場に会することで、ジャニーさんの家族葬が違う捉え方をされることを避けたのかもしれません。


 その方がかえって大人げない…という声もあるでしょうが、中居さんらしい気遣いだと思います」(前出・芸能関係者)


 実はその記念写真、木村と元光GENJIの佐藤アツヒロ(45才)の間に、不自然な1人分の空白がある。


「そこは、中居さんの立ち位置として空けられた場所だと佐藤さんが明かしていました。中居さんが欠席だからといっていなかったようにはできない。そういう思いから木村さんと佐藤さんは2人の間を空けたそうです。


 当然ですが、ジャニーズの中にも今もかわらず中居さんの居場所はあるんです。みんなで前を向いて歩いて行ってほしいという、ジャニーさんの思いに応えるために空けられた中居さんの居場所ですよ。彼の本当の居場所はどこなのか彼自身がいちばんわかっていると思います」(別の芸能関係者)


 ジャニー社長が亡くなってもその意志はつながっていく。


※女性セブン2019年8月1日号

NEWSポストセブン

「家族葬」をもっと詳しく

「家族葬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ