年下のボクサーと不倫していた姉 義兄が見せた笑顔に「怖い」と騒然

7月18日(木)15時41分 しらべぇ

『偽装不倫』(『偽装不倫』)

女優の杏が主演を務めるドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)。17日に放送された第2話では、主人公の義兄役を務める谷原章介の演技が「怖い」「狂気」と話題を呼んでいる。

 

■姉の結婚指輪を旅先で無くしてしまった

婚活に疲れ、ひとり旅で博多に向かった鐘子(杏)は、そこで出会った年下のカメラマン・伴野丈(宮沢氷魚)と甘い一夜を過ごした後に帰宅。

姉から借りた服に入っていた結婚指輪を使い、既婚者であると嘘をついて手に入れたひと時の”不倫”関係に自問自答していると、その指輪が手元に無いことに機内で気づいてしまう。

 

■姉が夫についていた嘘

姉の葉子(仲間由紀恵)に指輪が入っていたこと、それを博多に忘れてしまったことを白状した鐘子。しかし何故ワンピースのポケットに入っていたのかという話になると、葉子は何かを隠すような素振りを見せていた。

ホテルに連絡したものの指輪はどこにもなかったと言われ、後は丈に連絡して聞いてみるしかない。そんな状況に陥った鐘子は、偶然葉子がピンク色の頭をした若者と逢瀬を重ねている現場を目撃する。この日、葉子は「名古屋へ出張に行く」と家族に告げていたはずなのだが…。

■完璧な旦那がいるのに…

なんと、葉子は年下の男性と不倫をしていたのである。鐘子は「なんであんな背が高くてハンサムで男らしくて、お父さんやお母さん、私なんかにお茶入れてくれる優しいお兄さん裏切って、出張だって嘘ついて…」と動揺しながらも問い詰めるが、葉子は23歳のボクサー・風太(瀬戸利樹)との関係は続けつつ、家庭を壊す気はないと宣言する。

そして「来週の結婚記念日までに結婚指輪を返してほしい」とプレッシャーをかけられた鐘子は「姉の家庭を壊さないため」「自分が会いたいわけではない」と言い訳しながら、指輪のことを知っているかも知れない丈に連絡することを決意する。

 

■不倫はバレている?

帰宅した葉子を迎えた賢治(谷原章介)は、いつものように優しく、気遣いの出来る旦那であった。

しかし、「しゃちほこサンド買ってきてくれた?」「結婚指輪、どうしたの? 最近つけてないみたいだけど」と立て続けに疑問をぶつける。その笑顔からは、どこか不穏な空気が滲み出ていた。

■張り付いたような笑顔を「怖い」と感じる視聴者

このやり取りを受け、SNSには「怖い!!」と恐怖に震え上がる視聴者が殺到。

「仮面夫婦怖すぎる」

 

「豹変しそうでなんか怖いなー」

 

「しゃちほこサンド、カマかけるために買ってきてってお願いした気がして怖い」

 

■『あなそれ』を思い出す人も

その他、杏の夫である東出昌大が出演していた不倫ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)を思い出すファンも相次いでいる。

妹の偽装不倫、そして姉の不倫が交差していく様子が面白いと好評だった第2話。賢治の態度や丈の身体について等、まだまだ謎が多い本作だが、今後の展開に期待したい。


・合わせて読みたい→一人旅で出会った年下イケメンが「僕と不倫しませんか?」 衝撃的な言葉に賛否


(文/しらべぇ編集部・AKO



しらべぇ

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ