T・クルーズ「お客さんのために全力尽くす主義」 驚異の回復力で“ミッション”完遂

7月18日(水)22時47分 エンタメOVO

来日会見で取材陣に手を振るトム・クルーズ

写真を拡大

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の来日会見が18日、東京都内で行われ、来日したトム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督が出席した。

 トムが米国諜報機関「IMF」の敏腕スパイ、イーサン・ハントを演じる人気シリーズの第6作。最新作では、ハントが世界同時核爆発の危機を未然に防ぐミッションに挑む。

 スタントを使わないことで知られるトムは、今回も地上7620メートルからのダイビング、1年半の操縦訓練を積んだヘリコプターでのチェイスなど体を張った熱演を見せている。「僕は映画作りに人生をささげているから、お客さんのために全力を尽くす主義。お客さんには見るだけでなく、体験してもらいたいと思っているから、どんな映画でも自分へのチャレンジを続けている」と胸を張った。

 ビルの間を飛び移るアクションシーンでは、右足首を骨折。全治9カ月の診断に対し、わずか1カ月半で撮影に復帰する超人ぶりを見せた。「痛みはあったけれど、戻ってすぐに全速力で走っていた。医者もあきれていたよ。今はもう完全に治ったから、ちゃんと走れますよ」と笑顔で話した。

 マッカリー監督が、「トムほど一生懸命に、映画に全力投球できる人はいない。その献身さは、共演者やスタッフにもいい影響を与えている」と称賛。相棒役を務めているペッグは「(トムのけがによる)休暇がもっと長いと思っていたのに、残念だった」とジョーク交じりに振り返った。

 本作から参加したカヴィルは、スーパーマン役で知られるが「スーパーマンは正直、ほとんどがCG。今回はすべてリアルに演じているから大変だった」と苦笑した。トムが「痛みの感覚を出すために本気で殴り合った」と説明し、4日をかけた格闘シーンでも「毎晩、痛みで寝つけなかった。うんざりしてきて、最後は涙が出てきた」とこぼしていた。

 映画は、8月3日から全国ロードショー。

エンタメOVO

「回復」をもっと詳しく

「回復」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ