ジョシュ・ハートネットが体当たりで挑んだ『マイナス21℃』過酷なサバイバル映像解禁

7月19日(木)13時0分 映画ランドNEWS

マイナス21℃

7月21日(土)より公開される映画『マイナス21℃』より、主人公を演じるジョシュ・ハートネットが体当たりで挑む過酷なサバイバルシーンが解禁となった。


マイナス21℃



厳寒のシエラネバダ山脈で遭難した元アイスホッケー選手の実体験をもとに描く、サバイバル史に残る衝撃作『マイナス21℃』。映像では、スノーボードの途中で道に迷った主人公エリック(ジョシュ・ハートネット)が凍える寒さの中、凍った湖に突然落下し、這い上がろうと必死にもがくシーンが描かれている。


マイナス21℃


実はこのシーンを含む本編は監督スコット・ウォーのこだわりにより全てCGを使用せずに撮影されたもの。リアルな映像にこだわる背景を、スコット監督は「僕は幼少期にエリック・ルマルクと出会い、一緒にホッケーをプレーしたことがあるんだ。だから、映画化が決まった時、この物語を正しく描かなくてはと感じたよ。僕は事実はフィクションよりも多くを物語ると思っているから、撮影・制作は全てCGなしで挑んだんだ。この映画は実在する人物が経験した本当の物語。そこに込められた『希望』や『あきらめない』というメッセージは全世界共通だと思っているんだ。だから、山でエリックに何が起きたのかを誠実に伝えることが重要だと思ったんだ」と語っている。



映画『マイナス21℃』は7月21日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開


©2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「サバイバル」をもっと詳しく

「サバイバル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ