生産終了していた『ワーゲンバス』が電気自動車で復活 コンセプトカーに期待の声

7月19日(金)15時29分 grape

ドイツの自動車メーカー・フォルクスワーゲンを一躍有名にしたマイクロバス・通称『ワーゲンバス』。

コーヒーやクレープなどの移動販売に使われることもあるので、目にしたことがある人も多いことでしょう。

2013年に生産が終了していましたが、電気自動車として復活します。

ワーゲンバスが電気自動車として復活

2019年7月2日に『Type 20』という名称で、披露された『ワーゲンバス』のコンセプトカー。

外見は1962年に販売されている11ウィンドウのワーゲンバスがモデルになっているため、かなりレトロな印象を受けます。

しかし、車内装備は打って変わって最新技術を採用。動力は電力に変換されており、120馬力もあります。

また、車両の乗車高を調節できたり、顔認証システムが使えたりとかなり近代化。

さらに、ダッシュボードには特殊な眼鏡を必要とせずに3D画像を生み出す『フォログラフィックディスプレイ』などが検討されているようです。

懐かしさを感じさせる見た目ながら、中身はかなりハイテクです。

「フォルクスワーゲンの伝統と未来のテクノロジーを組み合わせたもの」という、『Type 20』のコンセプトにもうなずけます。

発売時期はまだ未定のようですが、ネット上では「外見を近代化しなかったのは嬉しい」「レトロな感じが好き」と期待する声も上がっています。

生産が終了していたため、泣く泣く購入をあきらめていた人もいることでしょう。

いつ発売されるのかを楽しみに待ちたいですね!


[文・構成/grape編集部]

grape

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ