市川海老蔵 復帰に心配の声「もっと休んで」「責任感半端ない」

7月19日(金)21時14分 女性自身

7月19日、急性咽頭炎のために歌舞伎座「七月大歌舞伎」の舞台を休演していた市川海老蔵(41)が復帰した。18日に松竹株式会社の公式サイトが、「市川海老蔵が復帰し、昼の部、夜の部ともに、通常通りの配役にて上演いたします」と発表した。



本舞台は長男の堀越勸玄くん(6)との共演舞台。海老蔵が休演中も、勸玄くんは一人で舞台に立った。誰もが心配していた海老蔵の復帰に、歓喜の声があがった。



《舞台復帰おめでとうございます 皆で素晴らしいお舞台 えいえいおー》


《ひさしぶりに白塗りのお顔見れた 嬉しいです》


《海老蔵さんお帰りなさい。適度な緊張感に包まれて楽しんでください》



15日に海老蔵は、声が出なくなったことを理由に舞台を急遽休演した。その後、急性咽頭炎と病名が判明。18日に昼の部から復帰する予定だったが、病状が回復せず延期になった。



17日のブログでは、《誠に申し訳ございませんが、あと一日。あと一日。お休みさせていただきます。誠に申し訳ありません。私自身の心は焦りと悔しさと行き場のない気持ちが交錯しています。が、お医者さんの意見に添いそれを理解しそうさせて頂くことにしました》とつづった。



このように海老蔵は、ファンや関係者の気持ちを慮って体調の経過をこまやかにブログで報告している。19日に更新したブログでは《よろしくお願いします。みんなからはもっと休んで良いのだよと優しい言葉もらいます。有難い》と感謝の気持ちとともに、復帰の意欲をみせた。



いっぽうで、依然として海老蔵を心配する声もあがっている。



《無理してませんか、きっと申し訳ないという気持ちが高く少し頑張って出てませんか》


《もっとゆっくり休んでいただきたい。でも、舞台の成功を心から祈っております》


《もっと休んでいいんだよー 海老蔵さん責任感半端ないって》



さらに歌舞伎役者の片岡孝太郎(51)も、19日に更新したブログで海老蔵を心配する気持ちをつづった。



《早くないかなぁ、彼は人一倍身体や食事に気を使うにんげんですが今回の配役、本当に大変です。勿論ご自身で決めた事ですが、せめて明日から数日は夜の部だけにして頂けたらと勝手に心配しています》



本公演は28日の千穐楽まで続く。一日も早く全快になることを祈るばかりだ。

女性自身

「復帰」をもっと詳しく

「復帰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ