「凪のお暇」黒木華担当スタイリストインタビュー “人生リセット”を対照的なファッションで見せる

7月19日(金)14時52分 モデルプレス

凪の人生リセット前後/「凪のお暇」第1話より(C)TBS

写真を拡大

【モデルプレス=2019/07/19】女優の黒木華が主演を務めるTBS系の新金曜ドラマ『凪のお暇』(読み:なぎのおいとま/毎週金曜よる10時〜※初回15分拡大)が19日よりスタートする。

空気を読みすぎる28歳OLの主人公・大島凪があるきっかけから人生をイチからやり直す“人生リセットストーリー”。モデルプレスでは、凪のファッションについて、担当スタイリストのBaby mix氏に話を聞いた。

◆『凪のお暇』第1話

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の大島凪(黒木華)は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み、「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。

しかし、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。

それをきっかけに、凪は人生のリセットを決意。会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。

東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越し、コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。

◆ファッションにも感じられる凪のキャラクター スタイリストインタビュー

リセット前の凪のファッションは、控えめなパステルカラーのブラウスに長めのスカートというスタイル。

きっとどんなオフィスでどんな同僚がいても周囲から浮くことはなさそうな、空気を読みすぎる凪の性格そのものといったコーディネートだ。

このファッションについて「本人に似合っていないということ」を重視したというBaby mix氏。

一方リセット後の凪は、ラフなTシャツ×パンツというスタイル。コンプレックスだった天然パーマヘアともマッチしているが、Baby mix氏は「野暮ったいという事が実はかわいいとか、おしゃれじゃない事をやって実はおしゃれに見えること。“凪のスタイル”を作ること」にこだわっているという。

また、「Tシャツのボックスの形」は黒木だからこそチョイスしているアイテムのひとつだそうで、そのTシャツの形やプリントなどは黒木本人とも相談。

他人の目を気にしすぎて自分を表現できなかった凪が、好きなものを好きに着こなし“凪のスタイル”を作り上げていく様にも注目だ。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「凪のお暇」をもっと詳しく

「凪のお暇」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ