タカマツペア、奥原希望、桃田賢斗…日本バド史上最強メンバー集結 世界大会での活躍誓う

7月19日(木)14時21分 オリコン

日本バド史上最強メンバー集結 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 今月30日から8月5日まで中国で行われる『世界バドミントン2018』日本代表選手の発表会見が19日、都内で行われた。リオ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華選手&松友美佐紀選手のタカマツペア、去年の同大会の女子シングルス女王・奥原希望選手、向かうところ敵なしの男子シングルス桃田賢斗選手など、全種目でメダルを狙える史上最強のメンバーが顔をそろえた。

 日本人女子シングルスで初の世界ランク1位になった山口茜選手は「私も試合を楽しんで、見ているみなさんにも楽しんでいただけたらと思います」とにっこり。奥原選手も「昨年は優勝という、いい結果を残せたのですが、その後はけがもあって苦しい時期がありました。今はまだ納得できるプレーはできていないのですが、この後の代表合宿で100%の準備をして、思いっきり世界へ挑戦していきたいと思っています」と言葉に力を込めた。

 タカマツペアも「私たちは2人で自分たちらしいプレーをたくさん出せるように精いっぱい頑張っていきたいと思います」と気合十分。桃田選手が「(世界バドミントンへの出場は)3年ぶりになりますが、優勝を目指して頑張ります」と語ると、テレビ朝日のバドミントン中継の解説を担当する池田信太郎と、今大会のレポートを務める小椋久美子も「日本のバドミントンのレベルは年々上がっていて、今回は史上最強といってもいいメンバーです」と期待を寄せていた。

 この日の会見では、ヒップホップグループ・ケツメイシが歌う同大会の中継番組のイメージソング「夢中」も初披露(音源解禁)。大会の模様は、テレビ朝日(関東地区)、BS朝日、CSテレ朝チャンネル2で、1回戦から決勝までを中継。男女とも、全種目でメダル獲得に挑む日本代表の様子を現地、中国・南京から伝える。

■『世界バドミントン2018』出場選手
男子シングルス:西本拳太、坂井一将、桃田賢斗、常山幹太
女子シングルス:山口茜、奥原希望、佐藤冴香、大堀彩
男子ダブルス:園田啓悟&嘉村健士、井上拓斗&金子祐樹、保木卓朗&小林優吾、遠藤大由&渡辺勇大
女子ダブルス:高橋礼華&松友美佐紀、福島由紀&廣田彩花、米元小春&田中志穂、永原和可那&松本麻佑
混合ダブルス:渡辺勇大&東野有紗、小林優吾&松友美佐紀

オリコン

「奥原希望」をもっと詳しく

「奥原希望」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ