ジオウの奥野壮、初舞台も「度胸がある」 ライダーの先輩・西銘駿が太鼓判

7月19日(金)15時37分 エンタメOVO

初舞台に挑む奥野壮

写真を拡大

 男劇団 青山表参道X第2回公演「ENDLESS REPEATERS−エンドレスリピーターズ−」の囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者の栗山航、塩野瑛久飯島寛騎、西銘駿、定本楓馬、奥野壮が登壇した。

 本作は、「RUBY」「SAPPHIRE」「EMERALD」の3チームに分かれ、トリプルキャストで送る完全密室劇。それぞれのキャスト4人に加え、水江建太、岩田知樹ら、日替わりゲストも登場する。

 飯島は「全公演、全部(チームとゲストの)組み合わせが違います。ストーリーは同じですが、全く違う舞台を見ている気分になるんじゃないかなと思います」と本作をアピール。

 西銘は「歌もあって、ダンスもあって、しかも360度(どこからでも見られる円形劇場での上演)ということで、緊張やプレッシャーもありますが、ほかのチームに負けないように全力で100パーセント出していけたらなと思います」と力強く語った。

 ゲスト出演する奥野は本作が舞台初出演となるが、「緊張していますが、皆さんのお芝居を見て吸収しつつ、チームを陰で支えらたら」と思いを語った。

 奥野は現在放送中の「仮面ライダージオウ」で、主人公の常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役を演じており、本作の稽古は最終回の撮影と並行して行われたそうだが、「スケジュールはタイトでしたが、稽古自体は楽しいので苦じゃないです」と笑顔を見せた。

 「仮面ライダー」の先輩である西銘はそんな奥野を「度胸があるんです」と絶賛すると、「僕は稽古場で台本を読むのも緊張していたんですが、稽古場から『大丈夫ですよ』感が出ていて、緊張していなくて、ちゃんとしている」と太鼓判を押した。

 舞台は20日〜28日、都内・品川プリンスホテル クラブeXで上演。

エンタメOVO

「西銘駿」をもっと詳しく

「西銘駿」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ