“親父”原監督が気にかける“ビッグベイビー”今村信貴にいま必要なこと

7月20日(土)11時0分 文春オンライン

 もちろん、ほとんどが心から成長を願って怒っているのは間違いないが、たまにいじっているきらいがある。選手への期待の大きさに比例し、皮肉を込めて報道陣にコメントすることが増える。そう、セ・リーグを独走する原監督の心配のタネは、何と言っても岡本和真だろう。


 かつて自分もその座を長く経験したからこそ、若き4番打者のことが可愛くて仕方がないし、力が発揮できなければ厳しく叱責する。「ビッグベイビー」と命名し、いつもどこか気になって放ってはおけず、頭の片隅にずっといる。そんな本当の息子のように気がかりな存在が野手では主砲だとすると、投手で言えば今村信貴ではないだろうか。いつまでもハイハイをしてバブーと言っているわけにはいかない25歳。今年を最後の思春期とし、少年から大人へと変貌しなくてはならないシーズンだからこそ、前半戦は愛にあふれたハートフルな『親子』のエピソードに事欠かなかった。



今村信貴 ©文藝春秋


原監督に“親孝行”をしたい強い理由


 先発した4月28日のDeNA戦。試合途中に指揮官から、こう声をかけられたという。「もう少し見ていて楽しくさせてくれないか。マウンドで自分を高揚させて、楽しんで放ってくれ」。本当に原監督らしい、他人では思いつきもしないような金言を守り、マウンドで水を得た魚のように躍動し、7回2安打無失点。マジックをかけてもらい、今季初白星をつかんだ。仏の顔を拝んでいたら、すぐに鬼の一面にさらされた。5月23日の同カード。6点リードの5回、ソトに3ランを被弾した直後に降板を告げられた。勝利投手の権利まであとツーアウト。常勝軍団の先頭に立ち、勝負に徹した『親父』に、次は自力で勝ちを奪い取ってみろ、と奮起を促された。


 『息子』としても開幕前から期する思いがあった。何としても結果で親孝行をしたい強い理由があった。高橋由伸政権だった2016〜2018年。いつも耳にこびりついて離れず、片時も忘れることがなかった言葉を胸にマウンドに立ち続けてきた。


「将来のジャイアンツを背負っていかないといけない存在なんだ」


 プロ3年目の2014年。原監督からの熱いエールに直立不動で聞き入った。「あの時は本当にありがたかったです。そう言っていただいたので、もっともっと頑張らなくちゃいけないなと思いました」。紆余曲折ありながらも成長曲線を描き、昨季はキャリアハイの6勝をマーク。前半戦は菅野、山口、メルセデス、桜井とともに先発ローテーションを担う戦力へと進化を遂げた。あの時、目を見開いた父の視界に捉えていた将来が現実になりつつあるのは確かだ。



今後の今村に不可欠となる負けん気やタフなメンタル


 さあ、後半戦。他の追随を許さない圧倒的な強さで5年ぶりのV奪回へ突き進んでいる。冒頭でも述べたようにチームへの、選手への期待が膨らめば膨らむほど、責任を果たせなかった時の指揮官の評価は厳しくなる。バラエティーに富んだワードで指摘が次々と飛んでくる。時に胸に突き刺さり、心をえぐられることもあるだろう。耳をふさぎたくなることもあるだろう。それを今村は栄養に変え、全てをはねのける必要がある。


 近年で言えば、坂本勇人菅野智之。チームの顔を張る両者のプレーはもちろん、勝因に直結する。その紙一重で敗因となれば、特に原監督に厳しく接せられ、メディアにも大きく取り上げられた。ただ、決まって、その度に失敗を補って余りあるビッグプレーを繰り出した。怒られれば怒られるほど、すぐさま文句なしの結果を出し、一回りも二回りも大きくなっていった。監督どうですか、と言わんばかりに。そういう負けん気やタフなメンタルが、今後の今村にも不可欠となる。


 打者と対峙すれば、腹をくくって開き直る度胸は備わっている。ただ元来、愛嬌のあるキャラクターでG党に親しまれている今村には、闘争心といったものは無縁かもしれない。実際にメチャクチャ心優しい。プロ入り後しばらくしてから、関係者の知り合いでいつも熱心に応援してくれていたファンが体調を崩して入院。手術を受けると聞きつければ、「少しでも力になれればと思いました」と自ら率先して『頑張って下さい』と直筆サイン入りのボールを届けて激励した。マウンドでもポーカーフェースな印象が強い。見た目だけで言えば、岡本よりよっぽど可愛らしく、ビッグベイビーの称号がピッタリだ。


 プライベートの穏やかさとは決別。「強い気持ちを持って結果を出すだけです」。マウンドでは感情をむき出しにして、バッターをねじ伏せる。7回の壁など何のその。9回までファイティングポーズを取り続け、誰にもマウンドを譲らない。一人で投げ抜き、どうだ親父、と勝ち誇る。そんな孝行息子の未来の先に、巨人の歓喜の瞬間が待っている。



◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/12598 でHITボタンを押してください。





(中村 大悟)

文春オンライン

「原監督」をもっと詳しく

「原監督」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ