仲里依紗&菜々緒&堤真一ら『土竜の唄 FINAL』に出演

7月20日(火)8時0分 シネマカフェ

『土竜の唄 FINAL』(C)2021「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館

写真を拡大

生田斗真が主人公・菊川玲二を演じる主演映画『土竜の唄 FINAL』に、シリーズお馴染みのあのメンバーが参加することが分かった。



シリーズ3作目となる今作。まずは、前2作品に登場した6名が出演決定。堤真一演じるクレイジーパピヨンの異名を持ち、玲二と義兄弟の契りを交わした任侠の漢・日浦匡也。仲里依紗演じる谷袋警察署交通課婦警で、玲二の最愛の恋人・若木純奈。吹越満演じる玲二に潜入捜査官となることを命じた谷袋警察署の署長・酒見路夫。

遠藤憲一演じる表向きは資料整理室整理係の警官だが、裏の顔は潜入捜査官養成係・赤桐一美。皆川猿時演じる潜入捜査に協力する厚生労働省関東信越厚生局の麻薬取締部課長・福澄独歩。岩城滉一演じる玲二の最終ターゲットであり、日本一凶悪なヤクザ「数寄矢会」四代目会長・轟周宝。パピヨンの予測不能なアクション、純奈と玲二の恋愛模様、酒見&赤桐&福澄のジャスティストリオによる“土竜の唄”もこれが見納めだ。

堤さんは「今作も台本が面白いですし、ぶっ飛んでいるレイジが全編を通じて大暴れするので楽しんでいただけるはずです。僕自身、物語がどう終わるのかが気になっていましたが、今回の台本を読んでそのラストには衝撃を受けました!」と気になるコメントを寄せ、仲さんは「私自身、こんなにも長く同じ役を演じたことがなかったので、とても感慨深いです。FINALということで、終わってしまうのが寂しくもありますが、期待を裏切らない作品になっていますので、公開を楽しみにお待ちいただけると嬉しいです」とメッセージ。

さらに、蜂乃巣会下部組織の血引一家の元若頭補佐で、シリーズ1作目では数寄矢会と敵対する組織として登場し、玲二とパピヨンを追い詰めた、岡村隆史演じる猫沢一誠。シリーズ2作目に登場し、巧みな鞭捌き、抜群のスタイルと美脚を惜しげもなく披露した、菜々緒演じるチャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂も、パワーアップして戻ってくる。

岡村さんは「『土竜の唄 香港狂騒曲』は、お声がかからず、生田斗真君に直接連絡をして『出して欲しい』とお願いするも断られました」と明かし、「FINALには、何とかすべり込みました。暴れ回る猫沢を楽しみに。ニャー」と呼びかける。

菜々緒さんも「大開脚でトカゲのパンツを披露したり、ズッポンで顔面バキュームされたり、スケスケの衣装で戦ったり、虎に乗ったりとド派手な胡蜂でしたが、ファイナルに相応しい豪華キャストの皆様と共に、5年ぶりの胡蝶!アクションと鞭もパワーアップして大暴れします!是非ご期待ください!」とコメントを寄せている。

『土竜の唄 FINAL』は11月19日(金)より全国東宝系にて公開。

シネマカフェ

「仲里依紗」をもっと詳しく

「仲里依紗」のニュース

「仲里依紗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ