AKB48高橋朱里、初ランジェリー撮影秘話 - 横山由依「エロ本!?」と驚く

7月20日(金)21時42分 マイナビニュース

AKB48高橋朱里(20)が20日、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で『高橋朱里 1st写真集 曖昧な自分』(講談社 7月24日発売 A4サイズ128P 1,800円税別)の先行お渡し会を行い、報道陣の囲み取材に応じた。

AKB48屈指のグラビア人気を誇る高橋が、初の写真集で3泊4日の台湾ロケを台北・高雄・台南の3都市で実施。人生初というランジェリー姿の撮影にも挑戦し、写真がネットで公開されると大きな反響を呼んだ。

女優・浅野温子の写真集をイメージし、「今までのAKB48メンバーやアイドルの写真集にないような素の表情」「夢の女優を目指すこれからにつながるような自分」を意識した今回の一冊。タイトルは、秋元康氏から「白黒つけすぎているから、もっと曖昧でいいんだよ」と言われてうれしかった気持ちが込められているという。

また、初のランジェリー撮影を「表情がかたまっちゃったりしたんですけど、写真集ならではなのでファンのみんなのためにがんばりました」と恥ずかしそうに振り返り、「セクシーなカットもすごく多かったので、ものすごい恥ずかしかったし、指原(莉乃)さんとか歴代のメンバーの写真集はすごくセクシーで『絶対に撮影中に見えてるんじゃないか』とすごく気になってたので、実際にスレスレのところでがんばりました」と回顧。

さらに、「際どいカットになる時に、見えるのか見えないのかどっちか。でも、そこもすごい“曖昧”で。隠したんですけど、絶対に見えてるよなみたいな」とタイトルを交えて過激な撮影を暴露。しかし、「そこも曖昧でいいんだと秋元さんから言われたので、白黒つけず、見えてるのか見えてないのか私も気にしすぎずに曖昧でいこうと。撮影も秋元さんの言葉に背中を押されました」と語った。横山由依、宮脇咲良、岡田奈々らメンバーは写真集を見て、「エロ本?」「これ、18禁やないん?」と驚いていたらしく、「エロ本じゃない!」と否定しながら「ぜひみなさんに手にとっていただきたいです」とアピールした。

お気に入りのカットはうつむき加減で物憂げな表情のものを選んだ。「この表情は自分でも本当に引いたぐらいアイドルじゃない。今の私とも全然違いますし、ちょっと闇が見え隠れしているんですけど」「道に迷ってちょっと不機嫌だったんですよね、たぶん。自然な表情を撮ろうとしてくださって、一人にされたんですよね」と当時の心境を表現し、「ガチで不機嫌な時だったんですけど。反省しています。今後、この表情は一切しません!」と力強く宣言して笑いを誘っていた。

マイナビニュース

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ