町田啓太、石橋静河に恋する“幼馴染”役 加藤雅也主演で“愛と葛藤の物語”映画化<二階堂家物語>

7月20日(金)7時0分 モデルプレス

(左上から時計回り)町田啓太、加藤雅也、石橋静河、白川和子、陽月華、田中要次(C)2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival

写真を拡大

加藤雅也・石橋静河・町田啓太/モデルプレス=7月20日】なら国際映画祭の映画製作プロジェクトNARAtive(ナラティブ)として誕生した『二階堂家物語』が、2019年1月25日に公開されることが決定。この度、キャスト情報が一挙解禁された。

◆映画『二階堂家物語』

本作は奈良県天理市を舞台に、跡継ぎ問題に悩む3世代の家族の愛と葛藤を描いた物語。

監督は2015年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞し、注目を浴びたイランの若手監督アイダ・パナハンデ。なら国際映画祭2016にて最優秀賞であるゴールデン SHIKA賞を受賞。本作はNARAtive映画製作プロジェクト初の外国人女性監督とのコラボレーションとなり、映画作家・河瀨直美がエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

◆加藤雅也、石橋静河、町田啓太…出演者発表

伝統と威厳を保ち名家の存続を守ろうとする主人公・二階堂辰也を演じるのは、映画、ドラマ、舞台と国内外問わず活躍し、今年デビュー30周年を迎える加藤雅也。

自らの恋と跡継ぎ問題の間で想いが揺れる娘・由子に『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』にて主演を務め、第60回ブルーリボン賞新人賞などを受賞し、現在放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演するなど活躍の場を広げている注目の若手女優・石橋静河。

由子へ密かに想いを寄せる幼馴染の多田洋輔を映画『OVER DRIVE』や大河ドラマ「西郷どん」にも出演している町田啓太が務める。

そして、辰也の母で跡継ぎ問題に気を揉むハルを白川和子、洋輔の父・源二郎を田中要次、辰也と互いに想いを寄せ合う、辰也の秘書・沙羅を陽月華が演じる。

◆場面カットも解禁

同時に解禁された場面カットでは、加藤演じる辰也が縁側で提灯の修理をしながら庭先を見つめる姿や、曇り空の下、哀愁を漂わせる様が映し出されている。

さらに、由子と洋輔は寂しげながらも何かを決意したかのような表情を見せる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「加藤雅也」をもっと詳しく

「加藤雅也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ