宮迫博之・田村亮、記者会見終了後に再登壇 報道陣に最後まで真摯な対応

7月20日(土)19時6分 モデルプレス

会見後、再び報道陣の前に姿を見せた田村亮、宮迫博之 (C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/07/20】吉本興業とのマネジメント契約が解消となった雨上がり決死隊宮迫博之(49)と、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)が20日、都内で会見を実施。生中継もされていた会見が終わり一旦降壇した2人だったが、再び報道陣の前に姿をみせた場面があった。

会見終了後、片付けて会場を去る人もいる中、司会を務めていた女性に質問する報道陣もちらほら。質問の主な内容は「今後の2人に関する問い合わせ先」についてだったが、女性司会者も現状や今後について把握しきれていなかったため、宮迫と田村が、再び会見場に姿を現してくれた。

◆宮迫博之&田村亮、会見後も丁寧に対応

その後、会見の時と同様に「本当に手作りになってしまったんで…すみません」「(今後連絡する方法は)しっかり考えます」「やったこともないですし、吉本を出たことも無かったので…」など、まだ体制が整っていないようで明確な回答が出来なかったが、取材対応で不十分だった部分を謝罪するとともに丁寧に対応。

今後については「Twitter等で報告させて頂きます」としたうえで、「(2人の問い合わせ先も)別々になるのか一緒になるのかも…。啓蒙活動もそれぞれするのかもまだ決めてないです」と話し、コンビ名に関しては「蛍原さんがどう判断するかは確認する」(宮迫)、「僕もわからない」(亮)と語った。

◆宮迫博之、吉本興業との契約解除

吉本興業は書面にて19日、「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました」と発表。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

宮迫は先月7日、田村らとともに特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたことが報じられた。

吉本は該当芸人へのヒアリングの結果、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められたとし、宮迫らを当面の間、活動停止の謹慎処分としていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「会見」をもっと詳しく

「会見」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ