フランスには早すぎた「デュフフコポォ」 Tシャツになって日本で「名誉挽回」

7月21日(土)16時50分 J-CASTニュース

デュフフコポォ、シルヴプレ?

写真を拡大

   インターリンク(東京・豊島区)は2012年7月20日、「オタク川柳Tシャツ」の販売を数量限定で開始した。「第7回オタク川柳」の入選作をあしらったもので、フランスのジャパンエキスポで販売され、大きな反響が寄せられていた。



「オタク川柳」入選作から

   「オタク川柳」とは、オタクな内容に限定した川柳を募集し、優勝を競うコンテストだ。


   Tシャツは、このオタク川柳上位作品の中から日本のオタクの笑い声をテキストで表現した「デュフフコポォ オウフドプフォ フォヌカポウ」、専門分野について語りだすと止まらないオタクの性質を見事に言い表した「聞いてない 誰もそこまで 聞いてない」にくわえ、「俺の嫁」、「神展開」や「痛車」といったオタク用語をちりばめた柄の3種類を揃える。


   字面から異様な感じを漂わせる「デュフフコポォ」は、日本では4位入賞と大きな人気を集めていたが、7月8日まで開催されたジャパンエキスポ(フランス・パリ)でのフランス人による人気投票では、活字にした笑い声が「不可解」とされ、10位に甘んじていた。


   同社は「フランスに『デュフフコポォ』は少し早過ぎました」と分析しており、日本での名誉回復なるかネットの注目が集まっている。


   それぞれS、M、Lの3サイズをそろえる。価格は3150円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「フランス」をもっと詳しく

「フランス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ