爆問・太田、宮迫&亮の覚悟を称賛「あの状況になったら俺は逃げちゃう」

7月21日(日)12時11分 マイナビニュース

お笑いコンビ・爆笑問題太田光が21日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00〜11:22)に生出演。反社会的勢力との闇営業問題で吉本興業から契約解除された雨上がり決死隊宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮が、20日に都内で行った謝罪会見について言及した。

太田は冒頭、「大変な衝撃が走りましたけど」とコメント。「本当に宮迫はよく覚悟してやったなと見ていた」と言い、「芸人にとって一番つらいのは舞台を奪われるということ。客前に立てなくなるのが何よりつらい。会見が彼らにとっては舞台だったと思う。お客さんの前で自分たちの言葉で話したいっていうのは、みんなお笑い芸人はそれを欲しくて芸人やっているわけで、それを奪われるのは我慢できなかったんだと思う。それを奪っちゃったらそりゃ反乱しますよ。そこが会社側が甘くみたんじゃないかなと思う」と話した。

また、「あの状況になったら俺は逃げちゃうなと。あそこに出てくるということは、よっぽど。あそこに出てくるということは、芸人を、お笑いを続けようという覚悟があるんだと思う。あと、後輩を守りたい、被害者の人に謝罪したいという…」と推察。また、「あれを見抜けましたかって思う。宮迫たちがこんなに追い詰められるほど重罪なのかって思う」と疑問を口にした。

宮迫と亮は会見で、涙ながらに謝罪。最初にギャラは受け取っていないとウソをついたことが一番の問題だとした。その上で、吉本興業との話し合いの経緯を説明。騒動初期から会見を希望するも許可してもらえず、会見したら「全員クビにする」と岡本昭彦社長から通告されたことも明かした。その後も会見を希望するが認められず、自分たちに弁護士をつけて会社と交渉することに。だが、7月18日に引退か契約解除のどちらかを選ぶように迫られ、会社を辞めて自分たちで会見を開く決意をしたと語った。

マイナビニュース

「お笑い」をもっと詳しく

「お笑い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ