月9『監察医 朝顔』京アニ放火事件受けて22日の放送内容を変更

7月21日(日)10時7分 マイナビニュース

フジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜21:00〜)では、18日に発生した京都アニメーションの放火事件を受け、あす22日の放送内容を変更することを決めた。21日、番組ホームページで発表した。

上野樹里演じる新米法医学者・朝顔と、時任三郎演じる父であるベテラン刑事・平が遺体の謎を解き明かしていく同ドラマ。22日放送の第3話は、雑居ビルで火災が発生し、ガソリンを撒いて火をつけた可能性が考えられるという場面が予告されていた。

このため、放送予定だった第3話の内容を変更し、これまで放送した第1話と第2話をふり返る「ふり返りSP」に差し替えることを決めた。

21日、ドラマの番組ホームページでは「7月18日に京都で発生した事件で、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、負傷された方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。7月15日の放送で告知いたしました第3話が、放火殺人事件を扱っておりました。そのため7月22日は、既に放送した1話と2話をふり返り、放送させていただきます」と説明した。

マイナビニュース

「放火」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「放火」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ