和田アキ子、番組スタッフに「ふざけんな!」 昨日会見の不適切質問を謝罪

7月21日(日)14時1分 しらべぇ

和田アキ子

21日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、昨日の雨上がり決死隊宮迫博之・ロンドンブーツ1号2号の田村亮謝罪会見が大きく取り上げられた。

その中で、最も注目されたのはVTR明けの一幕だった。昨日の会見中、同番組の記者を名乗る者が「不倫のときはオフホワイトと言っていましたが、いまの気持ちは何色ですか?」と質問し、「空気が読めてない」などと批判が集中していた件について、番組を代表し、和田アキ子が謝罪した。

 

■ヒロミも「ダメだって」

番組では通常通り、一週間のあいだで話題に上ったニュースをダイジェスト形式で放送。VTRが開け、スタジオトークに以降する手前、アナウンサーの国山ハセンが「一つお伝えしたいことがあります」と神妙な面持ちで語りはじめる。

「番組スタッフが『いまの気持ちを色で例えると…』という質問をしました。この質問に対しては、宮迫さん・田村さんに失礼だという意見を多くいただきました。これは番組スタッフ一同、反省しております」

 

と謝罪。準レギュラーのヒロミは事前にそのことを知り、今日スタジオ入りの際に「そりゃ、ダメだって」とスタッフに注意したことを明かした。

 

■「ふざけるな!」と激昂

この謝罪について和田は、「もう(2人は)紳士に、もう紳士に、謝ってるんですよ…」と語気を強めた上で、以下のように話した。

「そこでね、(中略)『今回は何色でしょうって、ふざけんな!』と思ったね。(中略)スタッフがそんなこと聞きますか? 本当に。そういうことやってる局がいけないんだって(思った)。

 

(これまで)お世話になった局に言うのもおかしいんですけど。一睡もできませんでした、昨日」

 

と憤慨したうえで、

「『アッコにおまかせ!』って言っちゃったんですから、私ですね。申し訳ございませんでした。申し訳ございません。なんとあの2人を傷つけ(たことか)。

 

2人だけなら芸能界(なん)でいいです。私より後輩です。(詐欺)被害に遭われた方、胸が痛いと思います。ご覧になって不快感を覚えられた方、申し訳ございませんでした」

 

と声を震わせながら謝罪し、深々と頭を下げた。

■「こんなの見たことない」

この和田の熱のこもった謝罪に、ツイッターのタイムラインには「強い」「ホッとした」と、その姿勢を評価する声が並んだ。

 

■番組中、号泣するミキ

また番組には、吉本興業所属のコンビであるミキの2人が出演。会見のダイジェスト映像が開けると、顔を赤らめ号泣している姿が画面に映された。

和田に「君らは2人とは」と話を振られると、兄の昴生が「もちろんお世話になってて。あまりそういうところ、見せて欲しくなかったなっていう…」と声を詰まらせた。

進行中も所々で嗚咽が漏れ聞こえ、さらに和田の謝罪もあってか、終始異様な雰囲気に包まれていた今回の放送。昨日の2時間半の会見が与える各局への影響は、未だに計り知れない。


・合わせて読みたい→山里亮太、会見中のカメラマン転倒にナイスフォロー 「天才」「さすがのツッコミ」


(文/しらべぇ編集部・清水 翔太



しらべぇ

「会見」をもっと詳しく

「会見」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ