指原莉乃卒業後初のツアーに臨むHKT48“指原イズム”継承に意欲 「寸劇戦隊・指レンジャー」結成

7月21日(日)19時0分 Techinsight

『HKT48 九州7県ツアー~あの支配人からの、卒業。~』ビジュアル(画像は『HKT48 2019年7月21日付Twitter「ロビー展示も今のお時間ご自由にご覧いただけます!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

AKB48HKT48時代からアイドルでありながらバラエティでの活躍に目を見張るものがあった指原莉乃。彼女はHKT48メンバーにも歌と踊りだけでなく、トークやギャグセンスで楽しませるエンターテインメントを教えてきた。いわゆる「指原イズム」である。その指原が4月28日に『指原莉乃 卒業コンサート 〜さよなら、指原莉乃〜』をもって48グループから卒業して以降、初となる九州7県ツアーをHKT48がスタートした。

『HKT48 九州7県ツアー〜あの支配人からの、卒業。〜』というツアータイトルには、HKT48劇場支配人として育ててくれた指原莉乃への思いが込められている。

そのツアー初日となる福岡サンパレス公演を前に『HKT48』公式Twitterで7月20日、「本番直前のリハーサルにカメラが潜入。すると、とんでもないことが!!」と動画を公開しており、そこにはまさに「指原イズム」を継承しようと頑張る彼女たちの姿があった。

全員でのダンスレッスン中に、松岡はなが倒れ込み「私には、あの支配人からの、卒業なんてできません」とダンスルームを飛び出して1人で落ち込んでいると、本村碧唯がやってきて「私たちはあの人の意志を引き継いでHKT48を守る義務があるの…」と諭す。

そこに「はなちゃん!」と松岡菜摘らメンバー3人が現れて励まし、5人で「寸劇戦隊・指レンジャー」が結成された。そればかりではない、一方では村重杏奈を中心とする「ツイン村重軍団」が「HKT48は我々のものだ」と不気味な動きを見せる。

7月21日の福岡サンパレス公演からスタートした『HKT48 九州7県ツアー〜あの支配人からの、卒業。〜』では、この「寸劇戦隊・指レンジャー」と「ツイン村重軍団」によるミニコントが見どころの1つになるようだ。どのように「指原イズム」を発揮してくれるか注目したい。

そんななか、21日に緊急生放送された『ワイドナショー』で前日に行われた「宮迫博之と田村亮の会見」を取り上げた際に、松本人志が指原からメールがあったことを明かし「『松本さん泣かないでね』って、泣くかー!」と笑わせた。

大物・松本からそのように扱ってもらえる、指原莉乃のアイドルという枠を超えた能力は底が知れない。HKT48メンバーも「指原イズム」の継承にゴールはなさそうだ。

いよいよ明日から始まる「HKT48九州7県ツアー 〜あの支配人からの、卒業。〜」本番直前のリハーサルにカメラが潜入。すると、とんでもないことが!!#HKT48九州ツアー#HKT48 pic.twitter.com/b27fnzde4V— HKT48 (@hkt48_official_) 2019年7月20日


画像は『HKT48 2019年7月21日付Twitter「ロビー展示も今のお時間ご自由にご覧いただけます!」』のスクリーンショット

Techinsight

「指原莉乃」をもっと詳しく

「指原莉乃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ