朝倉ゆかり、大逆転勝利でベスト8入り「この先も戦えることが楽しみ」/麻雀・RTDトーナメント2019準々決勝B

7月22日(月)0時46分 AbemaTIMES

 「RTDトーナメント2019」クオーターファイナルB(準々決勝) 1・2回戦(全2回戦)が7月21日に放送され、朝倉ゆかり(協会)が2戦目でトップを取り、110.3ポイント差をひっくり返す大逆転勝利でセミファイナル進出を決めた。

 対局者は起家から金太賢(協会)、松本吉弘(協会)、朝倉ゆかり(協会)、白鳥翔(連盟)。朝倉は1回戦、順位こそ3着だったが、放銃を怖れず「しっかり踏み込めた」と実感していた。1回戦トップの金とは、110.3ポイント差をつけられてはいたが「(2回戦)のラス前とオーラスまでに(トップ通過)条件を満たす点差まで頑張って追いついていけたら、チャンスはゼロじゃない」と2回戦に臨んだ。

 東2局2本場、親番・松本から7巡目リーチを受けながらもひるむことなく、東・中・ホンイツ・赤で8000点(+600点、供託1000点)を決めた。東4局では満貫を放銃し、3着目に落ちたが、南2局1本場、中・ドラ3で8000点(+300点、供託1000点)をアガって3着目からトップ目に浮上した。

 南4局、親番・白鳥が連荘し2本場になった時点で、朝倉のトップ通過条件は1000/2000ツモ、もしくは金から2300点以上を直撃となっていた。3巡目にテンパイを入れた朝倉は、迷うことなくリーチを宣言。これを見事リーチ・一発・ツモ・發で8000点(+600点)に仕上げ、文句無しの条件クリア。劣勢をはねのける大逆転勝利でベスト8入りラスト1枠をもぎとった。

 「久し振りに気持ちのいい勝ち方が出来た」と笑みをこぼし「最後の一人に滑り込むことが出来ました。厳しい戦いが続きますが、この先も戦えることが楽しみ」とさらなる高みへ思いを馳せた。【福山純生(雀聖アワー)】

【クオーターファイナルB 2回戦の成績】

1位 朝倉ゆかり(協会) 4万300点 +60.3
2位 白鳥翔(連盟) 3万2000点 +12.0
3位 松本吉弘(協会) 2万3700点 ▲16.3
4位 金太賢(協会) 4000点 ▲56.0

【クオーターファイナルB 最終トータルポイント】

1位 朝倉ゆかり(協会) +26.9(2/2)
2位 金太賢(協会) +20.9(2/2)
3位 松本吉弘(協会) ▲0.6(2/2)
4位 白鳥翔(連盟) ▲47.2(2/2)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】 RTD TOURNAMENT2019 Quarterfinal B 1・2回戦

▶7/22(月)17:00〜 鳳凰戦~A1リーグ第6節B卓~

AbemaTIMES

「RTD」をもっと詳しく

「RTD」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ