黒木華主演「凪のお暇」初回視聴率10.3% 2桁スタート

7月22日(月)12時2分 モデルプレス

中村倫也、黒木華、高橋一生(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/07/22】女優・黒木華が主演を務めるTBS系新金曜ドラマ『凪のお暇』(読み:なぎのおいとま/毎週金曜よる10時〜※初回15分拡大)が19日より放送スタートし、初回平均視聴率が発表された。

初回の平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2桁スタートを切った。

◆黒木華主演「凪のお暇」

同作は、空気を読みすぎて他人の目を必要以上に気にする28歳OLの主人公・大島凪が、あるきっかけから勤めていた会社も、付き合っていた彼氏も、住んでいた部屋も、SNSもありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す“人生リセットストーリー”。主人公の真面目で優しく気が弱い性格の凪を黒木、営業部のエースで凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、お暇した凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。

第1話は、周りに同調することで自分の平和を保っていた凪(黒木)が、付き合っていた彼氏・慎二(高橋)からの一言がきっかけで心が折れ、人生のリセットを決意。凪は会社を辞めて彼氏との連絡を絶ち、ボロアパートに引っ越し、コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめてそのままに生きる…という展開。

高橋一生の怪演や、“奇跡のモテ男”役を演じる中村倫也の演技が反響を呼んだ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「黒木華」をもっと詳しく

「黒木華」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ