「ゴシップガール」リブート版の制作決定

7月22日(月)0時32分 ナリナリドットコム

「ゴシップガール」のリブート版制作が決定した。クリエイターであるジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージは、新ストリーミングサービス「HBO Max」に向け、7年前に終了した同番組を再開する契約を交わしたという。

ワーナーメディアによる同サービスからは、各1時間、全10回の番組制作を依頼されたと見られている。

シュワルツとサヴェージが製作総指揮、ジョシュア・サフランがプロデューサーを引き続き務める予定で、新シリーズの脚本執筆にも携わる見込みだ。

セシリー・フォン・ジーゲザーの同名小説を映像化したオリジナル版は、2007年から2012年にかけて放送され、ニューヨークに住む富裕層の10代たちの生活が「ゴシップガール」という謎のブロガーによって語られていた。

新たなキャスト陣や公開日についての情報はまだないものの、HBOは新たなティーンエイジャーたちと共にソーシャルメディアによって変化した現在のニューヨークを舞台にすると発表している。

ナリナリドットコム

「リブート」をもっと詳しく

「リブート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ