子役出身女優でグラドルの片岡沙耶、初トレカで水着を自作「角度と高さの設計で、面積小さめに見せてます」

7月22日(日)22時11分 オリコン

片岡沙耶が秋葉原でファースト・トレーディングカードの発売記念イベントを行った(C)Deview

写真を拡大

 女優でタレントの片岡沙耶が、『片岡沙耶 ファースト・トレーディングカード』の発売記念イベントを22日、秋葉原・ソフマップAKIBA 4号店アミューズメント館で開催した。

 初のトレーディングカードを収めたバインダーを手にした片岡は「こうやって集まると圧巻ですね。自分なんですけど“すご〜い”って思っちゃいます」と笑顔。4月に浅草のスタジオで撮影された本作。「『なんでもやりたいようにやっていいよ』って言われたので、自分が一番好きな世界観とか色味で、スタイリストさんを入れずに自分で全てコーディネートしました」と、文化服装学院ニットデザイン科卒の実力を発揮した。

 「色味重視で誰が見ても爽やかで可愛らしい、鮮やかな色」というコンセプトで自身でスタイリング。衣装の多くは自分でミシンを踏んで自作したという。なかでも自信作は黒の過激なビキニで「トップの露出に合わせてパンツを作ったんですが、角度をつけたり腰のラインを低めにしたりと設計して、布の面積が小さくなくても露出が高いように作りました」と解説。「他のグラドルさんが着てくれたら嬉しいんですけどね」と語った。

 今回のトレカは25歳の誕生日を記念してリリースされたもの。25歳の年は「これまで以上に全力で一生懸命仕事に取り組んでいきたいと思います」と語る。そしてプライベートでも「今度、親戚のおばさんの家から新しいミシンが届くんです! ギザギザ縫いが出来るハイテクなミシンなので、また新しいデザインの水着を作りたいです!」と、趣味と仕事を兼ねた、衣装デザイナーにも意欲を見せた。

オリコン

「子役」をもっと詳しく

「子役」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ