マツコ・デラックスが大衆に受け入れられる本当の理由

7月22日(日)7時0分 NEWSポストセブン

マツコ・デラックスはなぜ現代の日本社会に受け入れられているのか

写真を拡大

 現在、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『マツコの知らない世界』(TBS系)、『5時に夢中!』(TOKYO MX)など8本のテレビ番組レギュラーを持ち、“視聴率男”の異名を取るマツコ・デラックス。エム・データ調べの『2017年テレビCMタレントランキング』によれば、昨年の年間CM会社数は8社。女性部門で石原さとみ北川景子桐谷美玲白石麻衣(乃木坂46)、新川優愛と同じ数字になる。


 数十年前からテレビ界では、カルーセル麻紀やおすぎとピーコなどいわゆる“おネエタレント”が活躍していた。しかし、マツコのようにゴールデン帯でレギュラーの冠番組を持ち、恒常的にCMに出続けるのは異例中の異例だ。


 なぜ、現代の日本社会に受け入れられているのか。社会学者で、『マツコの何が“デラックス”か?』(朝日新聞出版)の著者である太田省一氏に話を聞いた。


──なぜ、マツコについて書こうと思ったのでしょうか?


「大衆に支持されているきわめてメジャーなタレントなのに、ゲイで女装家という社会的にはマイノリティと見なされる属性を持っている。その意味では、矛盾しているようにも見える。そんなマツコ・デラックスがなぜ、今の時代にこれほどの人気者になったのか。それを探り当てたいと思いました」(太田氏。以下「」内同)


──昭和の頃は、幸福感溢れているように見える人が人気者だったように思います。


「戦後まもなくの美空ひばり、高度成長期の石原裕次郎、1980年代の松田聖子や田原俊彦など、本人たちの実人生には色々とあったかもしれないけど、ブラウン管やスクリーンのこちら側から憧れを抱く存在でした。



 でも、マツコはギャグっぽいとはいえ、『一度も幸福を感じたことない』とよく言います。視聴者は、マツコが幸福に見えるから憧れるのではない。むしろ幸福じゃないことをちゃんとさらけ出すところに共感している」


──マツコを受け入れる社会の側の変化も大きいのでしょうか?


「生き方の見えづらい時代になっているという要素も大きい。かつてのように良い大学、良い会社に入れば一生安泰だとか、適齢期に結婚すれば幸福になれるとかは思えなくなっている。『それが本当に幸せなの?』と疑問を持ち始めている。


 日本も、多様性を認める社会に徐々に変化しつつある。数十年前なら会社員や専業主婦が多数派で、男性はずっと同じ会社に勤め、女性は家庭を守るという生き方が当たり前と思われていた。今もそういう部分は残っていますが、「多数派/少数派」「男性/女性」というようなカテゴリー分け自体が徐々に崩れていっている。


 突き詰めれば、1人1人みんな違う。いろんな考え方や生き方があって当然だし、尊重しようという時代の流れがある。もちろん、LGBTに対する差別はまだ残っている。その中で、マツコ・デラックスは『自分はどう生きればいいのか』という苦悩をいろんな番組の端々でポロッと漏らしつつ、自分自身に向き合おうとしています。


 今は承認欲求を満たそうとして、ツイッターやインスタグラムなどで自分を“盛って”見せようとする人も少なくない。常に人によく見てもらおう、よく見せようとしている。ただ、そういう生き方は疲れるもの。言い換えれば、いまの日本は疲労感の抜けない社会になっています。マツコは『そこからいち早く抜け出したほうがいいよ』と言ってくれている」



──なぜ、マツコは“盛らずに”自分をさらけ出せるのでしょうか?


「マツコは、『肥満』『ゲイ』『女装』への偏見が強い時代に育った。子どもの頃、鴨川シーワールドでトドのショーを見た時、マツコは『これは私だ』と感じた、というエピソードがあります。トドは単なる見世物になっている。芸でも何でもない、ただ飛び込むだけでも、喜んでくれる人がいる。自分は太っていることに悩んでいたけど、それで喜んでくれる人がいたら自分はいいじゃないかと。


 また人前での女装の始まりは、小学校の頃の学芸会で中森明菜の歌を女装して歌ったことでした。そのように、パフォーマンスをすることで偏見を跳ね返し、自分だけの居場所を作ってきた」


──マツコを「毒舌」と表現する人たちもいますが、そんな一言で片付けられるような簡単な人物像ではないんですね。


「マツコの基本的な信念は、自分をごまかさずに生きること。たとえば、『田園都市線沿線に住もうとしている人は本当に幸せなの?』と疑問を投げ掛けています。電車の混雑率も高いのに、イメージにばかり惹かれてたまプラーザや二子玉川に住もうとしているのはどういうことなんだと。真実を突いていますよね。それが『毒舌』と評される場合もありますが、本質的には単なる悪口ではありません。一方で、自分も若い頃は『西武』での買い物にステータスを感じていた。そのような過去も、隠さずにしゃべる。


 マツコは嘘をつかず、正直に話す。それが、共感を得ている大きな理由だと思います。田園都市線の話にしても、私たちはそう思ったとしてもなかなか言えないですよね。それに、かつて自分も同じようなことをしていたと正直に告白する。人間って、自分の弱みを隠したくなるじゃないですか。全部さらけ出せるのが、マツコの凄さだと思います。本人は、毒舌とはあまり思ってないんじゃないですか。視聴者は快感と思っているし、共感が大きいのではないでしょうか」



──なぜ、フラットな姿勢を保てるのでしょうか?


「マツコには『最後は1人』という感覚があると思う。結婚もせず、子どもも持たないで1人で生きていく。1人は怖いことでもあるけど、その孤独を受け入れて生きていく覚悟がある。そこに、マツコの凄味があります。みんな、本当は孤独だということを忘れようとする。それを真正面から見据えて生きていくところに、マツコのオリジナリティがあり、社会の深いところで共感を得ているのだと思います」

NEWSポストセブン

「マツコ・デラックス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「マツコ・デラックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ