吉本興業社長「グダグダぶり」以上に「宮迫博之の契約解除撤回」に反発続々!

7月23日(火)17時59分 アサ芸プラス

“闇営業”問題で、反社会的勢力とのつながりを報じられた雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮が7月20日、謝罪会見を行い、その翌々日の22日に吉本興業の岡本昭彦社長が急きょ、会見を開くことになった。

 岡本社長は、宮迫と亮の処分を撤回し「辛い思いをさせた」と謝罪。しかし、亮が謝罪会見を切望した際、「やるなら連帯責任で全員クビ」と発言したことや、面談の際に「テープを回してないだろうな」などの“パワハラ発言”については、圧力のつもりはなかったと弁明した。

 この会見で、グダグダと言わざるを得ない受け答えをした岡本社長に対して、吉本の芸人だけでなくワイドショーのコメンテーターからも辛口コメントが相次いだ。また、岡本社長の発言の中で、ある意味、そのグダグダぶり以上に腑に落ちない部分を感じた視聴者も多かったようだ。それは「宮迫の契約解除を撤回する」という点だ。

「ネット上には、そもそも契約していないのに“契約解除”の意味がわからないという意見も多かったのですが、『宮迫はクビでしょ』『宮迫全然かわいそうじゃないし擁護するのはおかしくない?』『宮迫の一つの嘘からどれだけの人に迷惑かけたことか』『宮迫劇場。流れ変えたね。腹黒』『宮迫が保身のウソをついたことで会社・社長が振り回されて亮くんはウソと会社との板挟みになった』といった、宮迫擁護の風潮に首をかしげる声が多いのです。今回の騒動は、宮迫自身が謝罪したように彼のウソから始まったことです。立場的に亮は巻き込まれたと言えるでしょう。しかも亮は、クビになってもいいから謝罪会見させてくれと談判しています。宮迫はそれに便乗した感が否めない点が、視聴者には引っ掛かるようです」(芸能記者)

 亮には同情するが、宮迫はオフホワイトでもダークグレーでもなく、完全にブラックとのジャッジが多いようだ。

アサ芸プラス

「吉本興業」をもっと詳しく

「吉本興業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ