宮迫博之 会見前日に母が語った苦悩「何言っても伝わらない」

7月23日(火)0時0分 女性自身

一連の反社会勢力との闇営業問題によって、7月19日に所属事務所である吉本興業から契約解消を言い渡された雨上がり決死隊宮迫博之(49)。20日にはロンドンブーツ1号2号田村亮(47)とともに緊急謝罪会見を開き、一連の経緯を説明していた。



宮迫と亮は振り込め詐欺グループから金銭を受領したと認めるにいたった経緯などを告白。さらに、同社の岡本社長から「会見を開くなら連帯責任で全員クビにする」と“パワハラ発言”を受けていたことも明かし、波紋を呼んでいた。



ダウンタウンの松本人志(55)らの進言を受け、岡本社長は22日に記者会見を敢行。岡本社長は契約解消を撤回する意向を示し、パワハラ発言についても「冗談だった」と説明するなど火消しに努めていた。



いまだ沈静化が見えないなか、岐路に立たされた宮迫について実の母親は何を思うのか。本誌記者は19日、大阪府にある実家近くで母が営むたこ焼き店「みやたこ」を訪れた。



実は、母が「地域のために!」とオープンした同店。最近は店に立つ機会が少なくなった母に代わって、宮迫の妹が手伝いをすることもあるという。契約解消について記者が切り出すと、「そうみたいですね、テレビで見てました」と言葉少なに母は口を開きはじめた。



——契約解消を知った今のお気持ちを聞かせていただけますか?



「一切言いません」



さえぎるように答える母。「一切ですか?」と記者が粘ると、口にチャックをするしぐさを見せる。



——宮迫さんから連絡はあったのでしょうか?



「何言っても、言うたとおり伝わらへんしね……」



最後に「用事があるんですみません」と言い残し、母はその場を去っていった。記者の問いかけにも終始気丈にふるまっていた母。そこには母ならではの苦悩が見え隠れしていた。そして、たこ焼き店の中を見ると、こんな掲示が——。



「7月15日から8月31日まで夏休み 9月1日より頑張ります」



会見で引退について質問された際に「何度もそのことは考えました。ですが、僕は18から30年間この仕事しかしていない。僕ができるのはこの世界で学んだことしかないんです」と語っていた宮迫。彼が“夏休み”を終え、表舞台に復帰できる日は果たして——。

女性自身

「会見」をもっと詳しく

「会見」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ