高橋一生、次々絶賛される「めちゃくちゃカッコいい」<引っ越し大名!>

7月23日(火)20時36分 モデルプレス

高橋一生(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/07/23】俳優の高橋一生が23日、都内にて行われた映画『引っ越し大名!』(8月30日公開)の完成披露試写会に、主演の星野源、共演の高畑充希及川光博らとともに登壇した。

◆高橋一生、共演者に次々絶賛される

今作は、『超高速!参勤交代』シリーズで、時代劇の新しいジャンルを開拓した土橋章宏氏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を映画化。

主人公の書庫番で引っ越し奉行・片桐春之介役を演じる星野は、印象に残っている現場エピソードを聞かれると、淡路島で撮影が行われたという殺陣のシーンに触れ「いっちゃん(高橋)が頑張ってくれてるんですけど、砂浜で殺陣をやるので、皆さんヘトヘトな状態で。ずっとお殿様(及川)はかごに入っているんですけど激アツっていう。大変そうでしたね」と回顧。

高橋の殺陣については、及川も「とにかく一生くんカッコよかった」とべた褒めし「めちゃくちゃカッコいいよ」と観客にもアピール。一方で、自身の撮影に関しては「暑かった。お殿様は皆様よりも良いお衣装を着させていただいたんですけど、それが暑い」と笑いを誘った。

◆高橋一生「怪我しないかなってドキドキしながら…」

さらに、高橋へは高畑からも時代劇での所作について絶賛が。高畑はあまり時代劇への出演経験がなかったため苦労したようで、「一生さんは色々所作をやられているから、めちゃくちゃ体の動きが美しくて見惚れる前に勉強しなきゃって感じで。必死に(所作の先生に)色々教わって所作を頑張りました」とエピソードを披露。

また、共演者に次々と絶賛された高橋は、3mほどあるという槍を使ったシーンを振り返り「振り回している最中に、ピタッと止めてズボッと砂浜に入った瞬間は、怪我しないかなってドキドキしながら撮影していました」と裏話を明かしていた。

◆映画『引っ越し大名!』

“引っ越し”(国替え)を幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)のエピソードを基に、笑いと感動の物語を描く今作。イベントには、星野らのほか小澤征悦、正名僕蔵、飯尾和樹(ずん)、犬童一心監督も登壇した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「引っ越し」をもっと詳しく

「引っ越し」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ