イモトアヤコのパスポートが海外ロケだらけなのに「有効期間5年」な理由

7月23日(月)11時0分 まいじつ


(C)まいじつ



7月22日に日本テレビ系列で放送された『世界の果てまでイッテQ!』の中で、お笑い芸人のイモトアヤコがベナン共和国を訪れた。ひょんなことからイモトが自身のパスポートをカメラマンに見せる場面があったが、そのパスポートが視聴者の間で話題になった。


イモトの説明によると、ベナン共和国は観光ガイド本『地球の歩き方』にも紹介されていないほどで、同国の情報は入手しにくいという。ただ、同国は観光に力を入れ始めたため、3月から日本を含む複数の国への入国基準を緩和している。これによって、日本は海外の国へ入国の数が世界一になったという。イモトは「日本が世界中から信用されている証」と胸を張った。


「(日本人として)パスポートが誇らしくもありますけどね」とパスポートを手にしたイモトは、カメラマンにパスポートを手渡した。パスポートは2007、09、12、17年に更新した4枚。普段の顔立ちとは違う写真が貼られていた。そのため、カメラマンが「何か(整形)やってます?」と聞いたため、イモトは「(整形)やってねえわ!」とカメラマンを一喝した。



「イモトのパスポートがなぜ5年?」と話題に


番組ではイモトの顔写真について取り上げていたが、視聴者の間ではイモトのパスポートの有効年数だった。


VTRでは、イモトが手にするパスポートが黒色であることが映っていた。



《なんでイモトが5年パスポートなんだ?》

《イモトのパスポート、5年単位なんだ》



ツイッターではこういった投稿が見られ、長年海外でロケしているにもかかわらずパスポートの期間が短いことに疑問を持った人が多いようだった。


そして、この疑問は次のような投稿が広まることで解消されていった。



《イモトぐらいになるとパスポートあえて五年にしないとページが持たないのかな》

《おそらくですが、海外行き過ぎて増刷。結果、2,3年とかでパスポート作り直し。5年にしても10年にしても、どっちみち期限まで持たない》



既に100カ国以上を訪れているイモト。パスポートに入国スタンプを押していくと、ページが足りなくなるためにパスポートを更新せざるを得なくなるのでは、と視聴者は指摘。疑問を持っていた人もこれで納得した様子だった。


イモトはベナン共和国へ行ったことで、訪れた国の数は113カ国に達した。世界ロケはこれからさらに増えるのだろうか。


イモトアヤコのパスポートが海外ロケだらけなのに「有効期間5年」な理由まいじつで公開された投稿です。

まいじつ

「パスポート」をもっと詳しく

「パスポート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ