30代と偽った70歳婚活詐欺師、「自称・金持ち」が信用されず

7月23日(月)16時0分 NEWSポストセブン

大津容疑者のプロフィール写真(フェイスブックより)

写真を拡大

「大企業に勤める30代のイケメンエリート」と偽り、婚活サイトで知り合った千葉県の女性(37)から320万円を騙し取った──。


 7月9日、千葉県警が詐欺の疑いで逮捕したのは、長崎在住で70歳無職の大津俊容疑者。禿げ上がった頭など見た目は30代イケメンとは程遠いが、手口は大胆だった。


「今年1月に大津容疑者が暴行事件を起こし、その取り調べ中に本人のものではないクレジットカードが見つかり、暴行と有印私文書偽造などで浦上署(長崎)が逮捕。そのカードの名義が被害女性だった。女性とは2015年に婚活サイトで知り合い、翌年、女性からカードの不正利用を疑われると、『探偵を使って犯人を捜す』などとして計320万円を振り込ませた。


 2人のやり取りはほとんどメールやLINEだったようですが、大手自動車会社の社員と偽り、赤の他人の男性の写真を送って信じ込ませたようです。ネット上には大津容疑者に騙されたという女性の告発が複数出てきており、警察は余罪があるとみて捜査中です」(捜査関係者)


 30歳以上サバを読み、女性からカネを巻き上げた大津容疑者はどんな男なのか。同じアパートの住民で、部屋を行き来する仲だったという男性はこう話す。


「この辺では本名とは違う名前を名乗っていた。飲みに行く以外はいつも部屋にいて、自分は元船長で妻は銀座でクラブを経営していてタワーマンションを1億円で買ったなんて話していましたが、ここは家賃が月に2万〜3万円だよ(笑い)。部屋には学生時代に流行ったブランドの服があって、いつもキツい匂いの香水をつけていたね」


 大津容疑者が通っていた飲食店のママもこう話す。


「私に『服を買ってやる。もう注文した』とオーダー専門店の名前を挙げていたのですが、届かないからそう伝えたら『まだ送ってないのか』とお店のせいにしていました。大手重工メーカーの重役と言いながら、2400円の焼酎ボトルを入れる時に値段を気にしていたので、誰も言っていることは信用してませんでしたね」


 そう聞くと“手練の詐欺師”にはとても思えないが、それでも複数の若い女性を手玉に取っていたのだから、ネット上では“若々しさ”を演じ切れていたということか。勾留された大津容疑者は「最近、物忘れがひどくてよく覚えていない」と供述しているという。そこだけは“年相応”に戻ったようだ。


※週刊ポスト2018年8月3日号

NEWSポストセブン

「結婚詐欺」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「結婚詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ