BTS アメリカの音楽授賞式VMAsで4部門にノミネート!新設されたK-POP部門にはBLACKPINK、EXO、TXTらも

7月24日(水)12時28分 KPOP monster

BTSBTS

BTS (防弾少年団が今年もアメリカの音楽授賞式「MTV ビデオ・ミュージック・アワーズ」にノミネートされた。

2019年「MTV ビデオ・ミュージック・アワーズ(VMAs)」のノミネーションが発表され、韓国の大人気グループBTSが人気歌手ホールジーを迎えてリリースした大ヒットシングル「Boy With Luv」で4つの部門にノミネートされた。

同曲は、「ベスト・コラボレーション」部門、「ベスト・アート・ディレクション」部門、「ベスト・コレオグラフィー」部門、そして今年新設された「ベスト・K-POP」部門の4つにノミネートされている。

ちなみに、「ベスト・コラボレーション」部門では、エド・シーランとジャスティン・ビーバーがリリースした「アイ・ドント・ケア」やブラッドリー・クーパーとレディ・ガガの「シャロウ『アリー/スター誕生』〜愛のうた」、ショーン・メンデスとカミラ・カベロの「Señorita(セニョリータ)」、リル・ナズ・Xとビリー・レイ・サイラスの「オールド・タウン・ロード」、テイラー・スウィフトとブランドン・ユーリーの「ME!」など、今年を代表する豪華アーティストのコラボレーションが一緒にノミネートされている。

さらに、今年初めて開設された「ベスト・K-POP」部門には、BLACKPINK、EXO、MONSTA X、NCT 127、そしてBTSの弟分TXT(TOMORROW X TOGETHER)が初ノミネートを果たしている。

KPOP monster

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ