“号泣”東野幸治『サイコパス・エピソード』がスゴ過ぎて「信じられん...」

7月24日(水)10時30分 まいじつ


(C)まいじつ 



ここ数日の間で目まぐるしく状況が変わった吉本芸人による闇営業問題。7月22日には吉本興業の岡本昭彦社長が会見し、自らの減給処分や宮迫博之への契約解除撤回など、まさにジェットコースターのような展開を見せた。


【関連】吉本社長“涙の会見”に辛辣な声「茶番中の茶番」「よしもと新喜劇かよww」 ほか


そんな中、とある芸人の姿にネット上が驚いている。その芸人は東野幸治。社長会見前日の7月21日に松本人志とともに『ワイドナショー』(フジテレビ系)に生出演し、冒頭に謝罪。後輩の宮迫とロンブー亮が決死の覚悟で行った会見を神妙に振り返っていた。


東野は、番組に手書きのメモを持参。それに視線を落としながらコメントしていたが、こらえきれずに何度も涙を流すシーンが見られた。この東野の姿にネット上は騒然。



《信じられん…泣いてるとこ初めて見た》

《あれだけネタにされてきた東野が…》

《東野が号泣 人の心がないっていわれてる東野が…》

《24時間テレビでも涙を見せない東野さんが泣いてる》

《死んだ亀をゴミ箱に投げ捨てる東野が泣くんだから大変だ》



など、ツイッターに数多くのコメントがツイートされた。


 


東野の闇VS吉本の闇


東野といえば、「人の心がない男」として名をとどろかせている芸人。それを裏付ける逸話も数多く公開されている。若手のころ、今田耕司と一緒にMBSラジオ『ヤングタウン』でパーソナリティーをしていたときのこと。アシスタントを担当してた女優・加藤貴子に対して本番中にビンタしたり暴言を吐いたりと、とにかくひどい扱いをしていた。加藤はそれに耐えきれず、収録に向かう新幹線の中でストレスから吐血したことがあるという。


他には、兄が持っていたアイスがどうしても欲しくて郵便配達のバイクに向かって兄を突き飛ばし、ひかれた兄からアイスを奪って食べたことがあるという恐ろしいエピソードもある。


また、嫁との離婚が決まったときに家族で使っていたタンスをすぐに捨てたところ、娘が「家族の思い出が詰まったタンスをどうして捨てられるの?」と号泣。しかし東野は、どうして娘が泣いているのかワケが分からなかったそうだ。


さらに、あの大物芸能人も東野の被害に遭っている。東野が若かりしころ、『シブがき隊』を解散したばかりの本木雅弘が『4時ですよ〜だ』(毎日放送)にレギュラー出演していたときのことだ。同じく同番組に出演していた東野は、本木に対して常にニラみつけるわけでもなく〝不気味な笑み〟を作って通り過ぎていたそうだ。セリフ合わせでは本木の問い掛けに東野が演出家に返すなど、直接言葉を交わす機会はついになかったという。本木はこのあまりに恐ろしい東野の態度に強いストレスを覚え、現場で吐いてしまったと告白している。


これだけ数々のサイコパス・エピソードを持つ東野が涙を流す事態になった今回の闇営業事件。一体、どんな決着を迎えるのだろうか。


 


まいじつ

「東野幸治」をもっと詳しく

「東野幸治」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ