どっちが公明党? 山口代表に刃向かった創価学会員候補

7月24日(水)7時0分 NEWSポストセブン

山口那津男・代表(写真/時事通信フォト)

写真を拡大

「まさか!」。参院選終盤、公明党に激震が走った。自民党の情勢調査で東京選挙区(定数6)では1位が自民・丸川珠代氏、2位は共産党の吉良佳子氏、山口那津男・公明党代表は3位と共産党候補を下回っていたからだ。実際は山口代表は「80万票、2位当選」という目標としていたラインに達し、首都決戦で大物の存在感を見せる結果となった。


 が、選挙中、その山口陣営を悩ませたのが山本太郎氏率いる「れいわ新選組」から出馬した沖縄出身の創価学会員、野原善正候補だった。昨年の沖縄県知事選で玉城デニー氏を支援した人物だ。


 東京の選挙掲示板に張られた山口氏のポスターには「公明党」の党名がなかったのに対し、野原氏のポスターには「沖縄創価学会壮年部」と大きく書かれ、どっちが公明党の候補かわからない。


 そのうえ野原氏は選挙演説で、


「池田大作先生は公明党の前身・公明政治連盟を結成したときに、『もし将来、平和や福祉を捨てたら、民衆に敵対するようになったならば、党を壊しなさい』とご指導なさっています。私が今の公明党をぶっ壊す、というのは池田先生のご意志なのです」


 と学会員にピンポイントで訴え、7月14日には公明党本部と創価学会総本部がある東京・信濃町に乗り込んで街頭演説。「公明党は『平和・福祉』という立党の精神に戻ってもらいたい!」と訴えた。


 れいわ新選組の選対本部事務局長はこう言う。


「野原が出馬するにあたって2桁の人数の創価学会員の方に選挙スタッフとして協力していただいている。信濃町での街頭演説にも200人ほどの学会員が集まってくれました」


 公明党側は野原氏の選挙活動に“完全無視”を決め込み、野原氏は当選ラインの半分に及ばない得票数で落選したが、山口代表にとって“身内”の造反は、内心“身も票も”削られる思いだったに違いない。


※週刊ポスト2019年8月2日号

NEWSポストセブン

「公明党」をもっと詳しく

「公明党」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ