鳥取砂丘は「ポケモンGO」使用OK 鳥取県が“スナホ・ゲーム解放区”を宣言

7月25日(月)14時36分 BIGLOBEニュース編集部

鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区宣言

写真を拡大

鳥取県は25日、鳥取砂丘では街中よりも安全に「ポケモンGO」をプレイできるとして、「鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区宣言」を発表した。


鳥取砂丘は、建物などの障害物や自動車などの通行がないため歩きスマホによる心配が少なく、ポケモンが集まるポケストップも多数存在。鳥取県は、「雄大な鳥取砂丘は、美しい自然のなかで、多くのポケモンたちが暮らし、皆様を待っているようです。街中と違って安全に楽しめる鳥取砂丘で、掟(おきて)を守ってゲットしてください」として、「鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区」を宣言した。


<鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区の掟>
1:熱中症や事故・ケガがないよう、注意しましょう。
2:砂丘のかわいい生き物や、他の人に、迷惑をかけないようにしましょう。
3:雄大な砂丘の景色や昆虫・砂丘植物などを、楽しみましょう。


一方、「ポケモンGO」中のひったくり事件が発生した愛知県では、大村知事がプレイヤーへ注意を促す文書「『ポケモンGO』に関するお願い」を公表。歩きスマホや18歳未満の深夜の外出など、マナーを守って遊ぶよう訴えている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「ポケモンGO」をもっと詳しく

「ポケモンGO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ