川崎あや引退発表、倉持由香ら称賛と激励「売れるための手段ではなく」

7月25日(木)10時40分 マイナビニュース

グラビアアイドルの川崎あやが25日、ツイッターを通じ、2020年3月で芸能界を引退することを発表した。グラビア界の同業者からは、これまでの活動への称賛と激励の声が続々と寄せられている。

レースクイーンから本格的にグラビア活動をスタートさせた2015年に「プロが選ぶアイドルDVD賞2015」でウエスト賞を、翌年には「ミスFLASH2016」で豊田瀬里奈らとともにグランプリに選ばれるなど、グラドルとして活躍してきた川崎。

「今まで応援してくださった皆さまへ」と題した文書をアップし、「2020年3月芸能界を『引退』します」と報告し、「いきなりで驚かせてしまってごめんなさい。今日皆さんに『引退します』と発表する事が苦しくて申し訳なくてずっと思い悩んでいました」と正直な思いをつづった。

引退を考え始めたのは「1年くらい前」で、「何度ももうそろそろダメかもってなりながら、それでもファンの方の応援でなんとか今日まで続けてこられたと思います」と回顧。「実はこの引退は、5月にした2ヶ月間の休養前に既に決めていて、あの5月からの休養は私の中で一区切りつけて復帰後の引退までの9ヶ月間を全力で駆け抜ける為に必要な休養期間でした」と経緯を明かした。

「グラビアアイドルとして活動していきたいと自分で考えてはいても、事務所に所属させていただいている以上、グラビアだけをしていく事は難しく、また事務所の一番の先輩として後輩たちみんなの見本であるようにと少しずつ『自分』というものを変化させていかなければならない葛藤もありつつ、仕事の幅広げたくない自分の活動の限界を感じながら一人悩んだ一年間でした」

川崎にとってグラビアアイドルとは、「通過点ではなく、始めた時からそこが目標でゴールでした」。芸能界ではグラビアを経て、女優やバラエティタレントに進出していくことが多い中、その選択肢はなかったという。

「私は変わらずいつものように全力で頑張っていきます。引退していく身で、これはきっとわがままなお願いですが、その隣には応援してくださるファンの皆さんにいて欲しいです」と切実な思いを記す川崎。ファンに向けて、「皆さんと5年な間歩んできた『川崎あや』が最後まで目標とする『グラビアアイドル』として活動していけるよう、変わらずの応援をよろしくお願いします」と呼び掛けている。

この投稿に対して、グラビア仲間からは、「グラビアを売れるための手段ではなく、目標として全力で取り組むあやちゃんが大好きだよ!残りの期間、悔いのないように頑張ってね!」(倉持由香)、「事務所の先輩はもちろん、あやちゃんからも沢山勉強することも、刺激を受けることも沢山ありました」(水沢柚乃)、「あやたん 衝撃がでかすぎる 本当にお疲れ様 あと少し、走り切ってね」(金子智美)、「常に全力で、いつも美しいあやさんが大好きです!!ずっと尊敬していたあやさんにTwitterフォローして頂いた日のこと、今でもよく覚えてるくらい本当に嬉しかったです。寂しいですが、引退の日まで応援し続けます!!」(朝比奈祐未)など激励のメッセージが続々と寄せられている。

マイナビニュース

「川崎あや」をもっと詳しく

「川崎あや」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ