【邦訳アメコミ最新情報】『スーサイド・スクワッド』『チャンピオンズ』『ウエスト・コースト・アベンジャーズ』新刊が発売

7月25日(日)11時1分 THE RIVER

ShoPro Books(小学館集英社プロダクション)より、2021年6月発売の邦訳アメコミラインナップが到着だ。今月は、最新映画も話題のスーサイド・スクワッドを描く『スーサイド・スクワッド:バッド・ブラッド』(DC)と、今最もホットなシリーズ新作『チャンピオンズ:フリーランサー・ライフスタイル』、そしてマーベル注目の『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:怒りのサンダードーム』の3作をご紹介しよう。

『スーサイド・スクワッド:バッド・ブラッド』(DC)

2021年8月13日公開予定の最新映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』。映画公開に先駆けて、話題のスーサイド・スクワッド最新作『スーサイド・スクワッド:バッド・ブラッド』が登場だ。

2019年12月に本国で刊行がスタートした本書は、『ディシースト』などで知られるトム・テイラーが新ライターに就任してはじまった話題作。今回もオールヴィランの極悪チームが、超危険な任務に挑む。

今回スーサイド・スクワッド(自殺部隊)ことタスクフォースXに与えられた任務は、超人テロリスト集団「レボリューショナリーズ」を討伐すること。

激しい戦闘で仲間が命を落とす中、なんとかレボリューショナリーズを制圧したタスクフォースXでしたが、なんと新たな指揮官は、生き残ったメンバーで新たなスーサイド・スクワッドを結成すると宣言。

互いに仲間を殺され、いがみあう二つのチームは、はたして共闘できるのか!? やがてレボリューショナリーズがある目的のためにスーサイド・スクワッドに潜り込んだことが明らかになり……?

はたしてスーサイド・スクワッドの自由と信念を懸けた戦いの行方は?メンバーそれぞれの事情、仲間や家族に対する想いなども描かれ、ヴィランなりの矜持や信念が胸に迫る本作は、これまでのシリーズをまったく知らなくても楽しめる一冊となっている。映画公開に向けて注目が集まるこの機会に、ぜひお楽しみいただきたい。2021年7月23日頃発売。

Amazon

『チャンピオンズ:フリーランサー・ライフスタイル』(MARVEL)

アベンジャーズと袂を分かち、自らの理想を掲げて戦うことを決めた若きヒーローチーム、チャンピオンズ。今回彼らの前に立ちはだかるのは?注目の若手ヒーローたちが活躍する人気シリーズ第2巻『チャンピオンズ:フリーランサー・ライフスタイル』。

前巻『チャンピオンズ:チェンジ・ザ・ワールド』に続くシリーズ第2弾。今回彼らの前に立ちはだかるのは営利目的で活動する超人チーム「フリーランサーズ」だ。

世界をよりよくしようという理想を掲げて活動するチャンピオンズに対し、カネ次第で悪事に手を染めるフリーランサーズは、まさに対照的な存在。

過去に自分たちの企みを阻止された恨みから、チャンピオンズに復讐を誓ったフリーランサーズは、チャンピオンズの悪評を流し、世間から非難されるように仕向ける。

フリーランサーズはさらに狡猾な手段を使って、チャンピオンズを追い詰めていくのだが……。特殊能力を持つ傭兵たちと、悪意ある大人たちによる策略を打ち破り、はたしてチャンピオンズは名誉を回復できるのか?

ミズ・マーベル、ノヴァ、スパイダーマン(マイルス・モラレス)、ハルク(アマデウス・チョ)、ヴィヴ・ヴィジョンという、マーベル注目の若手ヒーローたちが集結する、いま最もホットなシリーズ「チャンピオンズ」を、ぜひお見逃しなく!2021年7月23日頃発売。

Amazon

『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:怒りのサンダードーム』(MARVEL)

もう一人のホークアイことケイト・ビショップが率いる、個性的すぎるヒーロー集団。彼らの破天荒な活躍を描くシリーズ第2弾『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:怒りのサンダードーム』は『ウエスト・コースト・アベンジャーズ:あぶない!? 新チーム誕生』の続編だ。

東海岸の熱意ある若者たちに対し、こちらのウエスト・コースト・アベンジャーズは、暖かい西海岸でわりといきあたりばったりにヒーロー活動をしている実にゆるゆるなヒーローチーム。

今回は、ヴィラン集団の策略により廃墟となった遊園地に誘い込まれます。そこで出会ったのは、なんと死んだと思っていたケイトの母親と、ケイトの元カレ、ノー・バー(マーベルボーイ)。

世界の危機を訴えるノー・バーに対し、問題を先延ばしにするケイトたちでしたが、なんだかんだでまたもや厄介ごとに巻き込まれることに……。

はたして、ウエスト・コースト・アベンジャーズは西海岸の平和を守れるのか?個性派ヒーローたちの活躍をどうぞお見逃しなく。2021年7月23日頃発売。

Amazon

THE RIVER

「スーサイド・スクワッド」をもっと詳しく

「スーサイド・スクワッド」のニュース

「スーサイド・スクワッド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ