吉本興業、宮迫博之と田村亮の寄付返金で釈明 会社の懸念押し切り直接寄付、迷惑かけ「誠に遺憾」

7月26日(金)13時15分 BIGLOBEニュース編集部

画像は吉本興業ホームページ スクリーンショット

写真を拡大

吉本興業は26日、宮迫博之田村亮が個人で実施した寄付金を、寄付先が受領を辞退すると報道されたことを受け、経緯を説明した。


吉本興業によると、「寄付の在り方」については慎重に検討し、宮迫と亮へは7月11日の面談で「直接的に寄付されることについての懸念を説明」し、吉本興業を通じた寄付を提案していたという。しかし、二人は吉本興業の考えに「賛成できない」として自ら寄付先を選定、実行したと説明。吉本興業は、二人の寄付によって「寄付先様にご迷惑をおかけしてしまったこと、当社としても誠に遺憾に存じております」とコメントした。


反社会的勢力のパーティへの参加などで得た報酬について、吉本興業は「多数の被害者の損害のもとで得られたものと推定される」「これら被害者の方々への支援につなげる」として、NPO法人・消費者スマイル基金とNPO法人・消費者機構日本に寄付。宮迫と亮は、13日までに公益社団法人・全国被害者支援ネットワークに自ら150万円を寄付していた。これに対し全国被害者支援ネットワークは、「反社会的勢力から得たと疑われるお金。被害者のことを考えると受け取れない」と受領を辞退した。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「吉本興業」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「吉本興業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ