伝説マンガ『SLAM DUNK』とバルセロナ五輪が起こした、92年のバスケとバッシュブーム

7月26日(月)12時30分 婦人公論.jp


通称「ドリームチーム」を命名したとされる雑誌『Sports Illustrated』(Time Warner Inc.)。著者私物(写真:中央公論新社)

1976年のモントリオール大会以来、45年ぶりの五輪に臨むバスケットボール日本男子代表。現役NBAプレイヤーの八村塁や渡辺雄太を有し、過去最強とも言われるメンバーで7月26日にスペイン戦を迎える。一方、日本におけるバスケットボールの歴史を振り返れば92年のバルセロナ・オリンピック開催時に起きた大ブームを思い出す読者もいるのではないだろうか。雑誌『Boon』(祥伝社)、『UOMO』(集英社)で長く編集を続けてきた小澤匡行氏は「それまでスポーツ用品だったスニーカーがファッションに取り入れられたきっかけとしてそのブームの影響は大きい」と指摘する。

* * * * * * *

『SLAM DUNK』とバルセロナ・オリンピックが巻き起こしたバスケブーム


1980年代後半より各メーカーがテクノロジー主体の派手な演出をメディアに打ち始めたことで、アメリカ同様、国内のスニーカー人気は加速し始めていた。その最中である1990年、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて『SLAM DUNK』(井上雄彦・著)の連載が始まる。

『SLAM DUNK』についての細かい説明は不要だろう。若者にとってリアリティーのある高校バスケットボールを舞台に、主人公の桜木花道を中心とした湘北高校バスケット部員の成長や、ライバルたちとの交流を描いた青春スポーツ漫画だ。

登場するキャラクター設定が実に巧妙だった。

実在するNBAプレイヤーの特徴やプレイスタイルが落とし込まれていた上、それぞれの着用するシューズがリアルに描かれ、かつパーソナリティーまで表現していたことで、フィクションとは思えないほどの現実味が付与されていた。また県大会1回戦負けが常だった弱小高校が、インターハイまで出場するという成長型ストーリーは、シカゴ・ブルズの快進撃と重ねて見ることもできた。


『SLAM DUNK』に登場する江ノ電の踏切を一目見ようとやってくる観光客は今も多い(写真提供:写真AC)

NBAと『SLAM DUNK』人気がクロスオーバーすると、それは相乗効果をもたらし、日本のバスケットボール人気はこの時期沸騰。その最中の1992年に、スペイン・バルセロナでオリンピックが開幕することになる。

「ドリームチーム」の誕生とともに迎えた“絶頂”


世界随一のバスケットボール大国とされるアメリカ。バスケットボールが1936年のオリンピックで正式種目となって以来、アメリカの男子チームが表彰台の真ん中に立ったのは、実に19大会中15回を数える。

そう記すと「向かうところ敵なし」といった状況に思えるが、1988年の韓国・ソウル五輪において、アメリカはソ連に準決勝で敗北。1990年の世界選手権、1991年のパンアメリカン大会などは3位に終わっており、当時は国民の大きな溜息とバッシングを買い、大国の名声は崩れつつあった。

しかしこれらの成果は大学生中心のチームによるものだったため、FIBA(国際バスケットボール連盟)はプロ選手に五輪への参加資格を与えるべきと委員長が発表。圧倒的多数で可決する。

こうした動きに対してアメリカ自体は反対票を投じるも、結果は変わらず。1991年10月、マイケル・ジョーダンスコッティ・ピッペン、マジック・ジョンソン、ラリー・バード、チャールズ・バークレーら、NBAの現役スター選手を揃えたメンバーを発表する。 王国の威信をかけたチームは「ドリームチーム」との愛称で呼ばれた(名付け親は『Sports Illustrated』〔Time Warner Inc.〕)。

NBAはその頃、全世界90ヶ国に放映権を持つなど、国際戦略を推し進めていたが、オリンピックへの出場はリーグの発揚にまたとないチャンスだった。

日本でも多くのメディアがこのビッグニュースを取り上げ、USAのフラッグカラーに彩られたナイキのエア ジョーダン 7、エア フォース 180、エア バリスティックフォース、コンバースのアクセレレイターなどのオリンピック専用モデルが、スポーツ店の棚にずらりと並んだ様子はまさに圧巻だった。こうして日本のバスケットボール人気はいよいよ絶頂を迎えた。

ストリートバスケットによる門戸拡大


同じ頃、バスケットボールの爆発的な人気は、屋内スポーツというジャンルでは収まらず、屋外で行うストリートバスケットの隆盛に繋がっていく。そして、部活動に所属する学生など、限られた人を対象にしていたバスケットボールの門戸が大きく開くことになる。

ストリートバスケットのルーツは、黒人のキッズたちがラッパーを真似たファッションを身にまとい、公園で楽しむアメリカの日常的な光景にあった。それがスリーオンスリーというスポーツに発展していったのである。

少人数の仲間、それとボールとゴールさえあれば、どこでも誰でも楽しめる。そうした遊びから生まれたスポーツは、バッシュの存在意義をよりカジュアルなものへと変えていった。

汚れの目立たない黒ベースのアッパーやソールも増え、体育館ではない固いコンクリート上でのストップ&ジャンプを想定した、ストラップやトラクション性能を高めたソールが機能に加わるなど、ストリートにマッチした要素がシューズに備わっていった。また、逆にそれまで白が主流だった室内のバスケットボールに影響が出始め、NBAだけでなく、日本の部活動でも黒ベースのバッシュ着用率が急速に高まることになる。


ストリートバスケ人気と共に、環境にマッチした要素がシューズに備わっていった(写真提供:写真AC)

そうしたアウトドアマーケットの開拓に、リーボックは早い段階から乗り出していた。

ストリートバスケットに莫大な予算を投じ、オフコート専用の「ブラックトップ」コレクションを発表。これは名前の通り黒を基本色としたことで、バスケットマン以外にも人気を博した。またリーボックは自ら、ストリートバスケットの大会を日本各地で主催し、そのイメージを植え付けることに注力した。さらにNBA屈指のビッグマンで、マイケル・ジョーダン世代のスター、パトリック・ユーイング自身が手がけるユーイング アスレチックス、またフィラなどもストリートバスケへの参入に積極的な姿勢を見せた。

ナイキは1992年、アウトドア専用のバスケットシューズ「エア レイド」を発売し、大々的に宣伝した。テーピングから着想を得たクロスストラップがそのアイコンで、ヒールとソールには「FOR OUTDOOR USE ONLY」の文字が施された、スニーカーの歴史でも傑作とされる一足だ。

この思想は1993年リリースの「エア ジョーダン 8」に転用されるが、さらにその翌年の「エア ジョーダン 9」には、初めて黒ソールが採用されるなど、アウトドア寄りの姿勢も見られている。

ファッションに取り入れられるようになったスニーカー


アウトドアとバスケットという二つの潮流は、バブル経済とともに全盛を迎えたクラブ文化がもたらしたダンスブームにもリンクしていくが、とにかく1990年代前半はマーケットが混沌とし、あらゆるジャンルがクロスオーバーしながら、新たなフィールドへと収斂していった。


『1995年のエア マックス』(著:小澤匡行/中公新書ラクレ)

こうした大きな流れを一部のスニーカー好きの若者たちは直感で汲み取っていた。彼らの特徴は、渋カジを通過したことで日本独自のミックス感度が養われていたことにある。

実際、彼らを中心に、全体としてはまだマイノリティーでも、古着に古いスニーカーを合わせるヴィンテージ系と、アメリカをお手本に自分たちのミックス感覚を楽しむアウトドア系という2大スタイルが確立される。この頃からスニーカーがファッション感覚で積極的に取り入れられるようになった。

※本稿は、小澤匡行『1995年のエア マックス』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

婦人公論.jp

「SLAM DUNK」をもっと詳しく

「SLAM DUNK」のニュース

「SLAM DUNK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ