“ぱるる”島崎遥香がSNS削除・非公開に!「韓国素敵」とツイートしただけでネトウヨの卑劣な炎上攻撃に晒される異常

7月26日(金)15時55分 LITERA

インスタまで非公開に…

写真を拡大

 韓国輸出規制による日韓関係の悪化がいよいよ民間交流にまで影響を与え始めている。日韓の友好都市間で行われている交流事業やイベントが相次いで中止になっているのだ。神奈川県大和市と韓国・光明市の間で行われてきた中高生派遣、新潟県新発田市と韓国・議政府市の合同スポーツ交流大会、韓国・光州市と富山県内への高校生の交流派遣事業、韓国・高陽市の函館市「はこだてグルメサーカス」へのPRブース出店など、中止になった事業は、それこそ数え上げるときりがないほどだ。


 日本国内では、韓国ヘイトがますますエスカレートし、テレビや新聞だけでなく、ネットやSNSで韓国文化を紹介するだけでも、卑劣な炎上攻撃が加えられるという事態が相次いでいる。


 つい最近も、元AKB48の「ぱるる」こと島崎遥香が韓国に関するSNS投稿をめぐって、ネトウヨから大炎上攻撃を受けるという事件が起きた。


 きっかけは、島崎が電車の優先席をめぐるこんなツイートをしたことだった。


〈お爺ちゃんが子供に席を譲ってあげてるのに優先席に座ってる会社員の人たちは何で平気で座ってられるんだろう〉
〈韓国は素敵だったな〜
健康な若者はみんな立ってた
優先席はガラガラでした
色んな国へ旅して素敵なところを沢山吸収したいな〉
〈妊婦さんが座れないのも悲しい現実だよね 生理痛が酷い方とかも
もっともっと暮らしやすい国になって一人一人の思いやりが増えたらいいね!〉


 確かに日本の電車では、その席を必要としている人に優先席を譲らないケースが頻繁に見られる。そのことを問題視するのは至極真っ当な目線であり、最近行った海外旅行先で見習うべき場面を見たならば、外国の事例と日本を比較して改善点を探るのは、ごくごく当たり前の考え方だ。


 しかし、これに対し、ネトウヨからはこんな罵詈雑言が大量に寄せられたのだ。


〈そんなに韓国がいいなら日本から出て行け!〉
〈ほんじゃ韓国逝けドブス〉
〈落ち目タレントが ステママネーもらってフェイクツイートやってんだな という感想しかないわなw なぜチョンはウソばかりつくのか〉
〈韓国人とつき合ってるとか金もらったとかそんな所だろう こいつに主義主張なんてない〉


 上述のツイートもそうだが、島崎だけでなく、韓国や韓国人に対しても罵詈雑言が並び、紹介するのもおぞましいような韓国ヘイト、レイシズム丸出しぶりだった。


 しかし、こうしたケースは今回が初めてではない。本サイトでも何度も取り上げているが、メディア上で韓国を好意的に捉える発言をしただけで炎上するケースがここ最近多発している。


●韓国カルチャーを取り上げた『あさイチ』、ワイドナ女子高生も炎上!


 たとえば、今月7日放送『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演した女優の白本彩奈は「女子高生はいま韓国で生きていると言っても過言じゃないぐらい。コスメも服も全部韓国。韓国染まりしているので、なくてはならないものですね」と、高校生の間での韓国カルチャーの浸透度を説明しただけで炎上した。放送終了後には、ネトウヨが大挙して彼女のツイッターアカウントに襲いかかり、罵詈雑言のリプライが殺到する事態となっている。


 今年4月放送『あさイチ』(NHK)では、ただ単に韓国カルチャーを取り上げただけなのにもかかわらず大炎上。〈NHKは韓国のテレビ番組だよ!! 嘘ばっかり流す異常な国営放送 どこの国の国営放送や 朝鮮国営放送やん〉〈また嘘ばっかりの印象操作番組つくって放送したのか あいかわらず気持ちの悪い放送局だ NHK 韓国人の局員何人いるんだろうか?気持ち悪い〉といった声がネット上を飛び交った。


 もしかすると、島崎が今回、ツイートをしたのは、そういった状況に心を痛めたという理由もあったのかもしれない。


 もともと、島崎は韓国カルチャーに造詣が深く、ハングルも勉強している。炎上の少し前にも、「必ずまた韓国へ行きますね」と韓国語でコメントしたうえでソウル旅行の写真をインスタグラムにアップしていた。そんな島崎が、現在の社会状況を認識していないわけがない。認識しているからこそ、憎しみを煽るのでなく、相手の良いところを学ぶ姿勢を見せるべきなのではないかとメッセージを発信したのではないだろうか。


 実際、そういった島崎の姿勢は、炎上後により鮮明になった。7月16日夜、島崎は優先席に関するツイートをすべて削除し、このようなコメントを投稿した。


〈今日のツイートで考えても考えてもやっぱり他国の方が快く思わないコメントが多くて、日本人として悲しくなったので消させてもらいました。私に向けての誹謗中傷は構わないんですけどね〉


●韓国に対する差別攻撃を諌めた“ぱるる”島崎遥香にさらにネトウヨが攻撃


 こうしたケースでは「不快な思いをさせて申し訳ありません」といった書き方で事態をおさめる場合も少なくない。しかし、島崎はそのように臭い物にフタをするような書き方はしなかった。


「優先席は必要としている人に譲るべき。海外の良いところはどんどん吸収するべき」という、至極真っ当な主張に対して、こんな差別的な暴言を吐いてきた連中こそがおかしいということを言外に滲ませた。ひどい炎上に晒されながら、それでもなお、ヘイトに対して明確に「NO」と主張した彼女の姿勢は、高く評価されていい。


 しかし、ネトウヨからの攻撃は止むことなく、その後〈日本人として悲しくなった〉と綴った上記のツイートも削除されてしまった。ついには、現在ではそれ以外のツイートも事務的なものをのぞいてほぼ全削除し、インスタグラムも非公開になってしまっている。これも、ネトウヨからの炎上攻撃と無関係ではないだろう。


 この削除が本人の意志によるものなのか、所属事務所などの意向によるものなのかはわからないが、これでは、まるで彼女が失言でもしたように見える。


 言うまでもないが、島崎は何ひとつおかしなことを言っていない。むしろ、島崎の発信は、日韓双方の友好のためには非常に意義のあることだった。政権やメディアが日韓の敵対意識を煽り立てるなか、こうした文化的な交流、リスペクトの感情は数少ない希望だ。


 しかし、現実はそういう文化交流や個人の友好的な言葉さえも攻撃の対象にされ、封じ込められてしまう。いったいこの国は、どうなってしまうのか。
(編集部)


LITERA

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ