心に残るファンからの言葉 第5回 磯村勇斗、自己を持つからこそ意見は「参考にしない」 でも「愛感じる」

7月26日(金)11時30分 マイナビニュース

ファンレターやファンイベント、SNSなど、様々なファンの言葉に触れる機会が多い中、どんな言葉が嬉しいのか、俳優・タレントに聞いていく連載『心に残るファンからの言葉』。今回は、テレビ東京系ドラマ25『サ道』(毎週金曜24:52〜)に出演する磯村勇斗に話を聞いた。

心に残る言葉について聞くと、「自分の作品や役を見て『体調崩して入院していたけど、元気になって退院した。あなたのおかげです』と書いてあって。自分たちの仕事は、誰かの人生の手助けができるのかな、何かの力になってるのかな、と思えて嬉しかったです」と答えてくれた磯村。

普段は「ファンレターも見ますし、SNSのコメントも見ます」とのことだが、どんな内容が嬉しいのか尋ねると「僕はレターをいただける時点で嬉しいです。内容がなんであれ、自分に時間をかけてくれているんだと思うと、メッセージを送ってくれたということに愛を感じる」という。さらに「良い意見の方がそれは嬉しいですけど、決して良いだけではない意見でも、『気になってる』ということだと思う。本当に興味なかったり嫌いだったらなんもしないですから。愛情を感じます」と持論を展開する。

一方で、「100通りの意見があると思うので、参考にはしないです」ときっぱり。「すべての意見を聞いていたら個性がなくなっちゃうので」と、自己を強く持っているからこその考え方で、自分への言葉を喜んでいる様子だった。

○ドラマ『サ道』

主人公・ナカタアツロウ(原田泰造)はサウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、 ある日謎の男「蒸しZ」(宅麻伸)に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。 偶然さん(三宅弘城)やイケメン蒸し男(磯村勇斗)など個性的なサウナ仲間とサウナのある日常を楽しむ一方、蒸しZの姿を追い全国の理想のサウナ施設を探訪。“サウナ”とは? “ととのう”とは? その答えを求め、今日もまた、サウナ旅を続けている…。

磯村勇斗
1992年9月11日生まれ、静岡県出身。2015年『仮面ライダーゴースト』でアラン/仮面ライダーネクロム役で注目を受け、2017年に連続テレビ小説『ひよっこ』出演で話題に。2018年は、ドラマ『デイジー・ラック』『SUITS/スーツ』『今日から俺は!!』『キミの墓石を建てに行こう。』、映画『恋は雨上がりのように』『ういらぶ。』『春待つ僕ら』、2019年はWEBドラマ『御曹司ボーイズ』、ドラマ『きのう何食べた?』『インハンド』に出演と引っ張りだこに。7月からはドラマ『サ道』、『TWO WEEKS』、8月には舞台『PARCOプロデュース プレイハウス』で主演を控えている。

マイナビニュース

「言葉」をもっと詳しく

「言葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ