深キョンの変身シーンがまさかのカット… 「寂しい」と落胆の声

7月26日(金)12時30分 しらべぇ

深田恭子

普段はおとなしい図書館の司書、夜になるとスゴ腕の怪盗へと変身する華を深田恭子が演じるラブコメディ『ルパンの娘』(フジテレビ系)の第3話が25日に放送された。

主演の深キョンが、美しくも妖艶に怪盗スーツに身を包む「変身シーン」が見どころの1つであるこのドラマ。しかし、今回このシーンがなかったことで、残念がる声が相次いでいる。

 

■初めての夜

泥棒一家の娘である華は、警察官である桜庭和馬(瀬戸康史)と付き合っている。しかし、代々警察の人間しか認めない桜庭家の人々は、ふたりの交際を良く思っておらず。

そんな折、和馬は家族から「捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めてもいい」と言われる。それを聞いた華の祖母・マツ(どんぐり)は、SNS強盗犯を和馬の家におびき寄せることで、和馬に手柄をとらせ、昇進させようと企む。

そして、華は和馬の家族に旅行チケットをプレゼントし、夜は彼の家に遊びに行くことになる。

 

■家に泥棒が侵入

しかし、華を怪しんだ和馬の母・美佐子(マルシア)が自宅に戻ってくる。そこに狙い通りに強盗が侵入! 美佐子と和馬は強盗と格闘するも、苦戦を強いられる展開に。

見かねた華は怪盗スーツに身を包み、強盗犯と戦いトドメを指す。犯人は無事に逮捕され、和馬は手柄をとったのだった。

 

■省略しないで!

毎回、妖艶な華の怪盗への変身シーンが見せ場のひとつとなっているこのドラマ。このシーンを楽しみにしているファンも少なくはない。

しかし、今回はスーツを渡された華が、次の場面ではすでにスーツを着ているという状態になっていた。この結果、ネット上では落胆の声が相次ぐことに。

話は面白かったものの、深キョンの大胆な変身シーンがないことで、物足りなさを感じてしまった人が多かったようだ。

毎回少しずつ演出のパターンを変えてくる『ルパンの娘』。次回は新しい個性的なキャラが登場し、華と和馬の関係にも危機が訪れそうだ。

そして、好評の「変身シーン」は復活するのか。今後の展開に注目だ。

《これまでに配信した『ルパンの娘』記事一覧はこちら》


・合わせて読みたい→深田恭子の浴衣姿にファン歓喜 男女問わず「可愛すぎる」の声続出


(文/しらべぇ編集部・卯月



しらべぇ

「深キョン」をもっと詳しく

「深キョン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ