鈴村健一 ドラゴンボール“精神と時の部屋”効果実証の発表に大興奮!

7月26日(金)6時50分 TOKYO FM+

声優としても活躍中の鈴村健一とフリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、7月15日(月・祝)〜7月19日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

ハードキャッスル エリザベスと鈴村健一



◆およそ43万人
総務省が、2019年1月1日(火・祝)時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査結果を発表。国内の日本人は、前年よりおよそ43万人少ない1億2,477万人でした。減少幅が40万人を超えたのは、昭和43年の調査開始以来、初めて。そして、昨年1年間の出生率は92万人で、3年連続で100万人台を割っています。

鈴村は「(人口が)減っているとは聞いているけど、いざこうして数字で出てくると、ますますそうなのかと感じるよね」と話します。また、2016〜2018年の3年間で、働く現役世代(20〜64歳)の人口が約171万人減少している現状に「人口減少が止まらないということで、人手不足の問題も切っても切り離せない問題になってきている」と案じていました。

◆約9,000人
この数字は、サーモンやサバなどで有名な漁業大国ノルウェーの漁師の人数だそうです。過去には、漁師が小型船でニシンやタラを取り尽くしてしまい、魚の数が減って漁師の生活が苦しい時代があったとか。そこで、漁師の数を2万5,000人から9,000人程度に減らす対策したそうです。これにより、1人当たりの漁獲量が増え、組合所属の漁師の平均年収は700〜800万円台に。日本の漁師の平均年収に比べ、およそ3倍だそうです。

さまざまな対策を講じて成果が出ているノルウェーの例に、鈴村は「精度が上がっているけど、ノルウェーと環境が違うから日本での導入は難しいかも。でも、こうした情報をうまくカスタムして、良い方向に進んでいくようにやっていかないと、ただ大変と騒いでいるだけでは解決しない。日本らしいやり方があるかもしれない」と話していました。

◆2G
中部大学の平田豊教授は、2Gという強い重力がかかった環境で、動物の運動習得能力が高まることを明らかにしました。ちなみに、人気漫画「ドラゴンボール」では、主人公の孫悟空が“精神と時の部屋”や宇宙船のなかなど、強い重力がかかった環境で修行する場面が描かれており、平田教授は「その効果が実証できた。アスリートやスポーツの練習環境づくりのヒントになる」と話していたそうです。

このニュースに、鈴村は「やっぱりいけたか! そんな気はしていたよ」と喜び、エリザベスに悟空の修行について解説します。「2Gを体感してみたい」とエリザベスが興味を示すと、鈴村は「修行は男のロマン。がんばって“かめはめ波”を出します」と笑いを誘っていました。

◆40歳
関取最年長40歳で、元関脇・十両の安美錦が16日(火)に現役引退を表明。今後は「安治川」を襲名し、部屋付き親方として後進の指導にあたるそうです。安美錦と言えば、第65代横綱の貴乃花の最後の相手としても知られています。2003年初場所、当時24歳だった安美錦が貴乃花を破り、その翌日に貴乃花は引退を発表しました。

22年半という長い現役生活に、エリザベスは「本当に長い年月、相撲ファンを楽しませてくれたと思う。ファンにとっては寂しくなりますけど、部屋付き親方としてどんな後輩を生み出してくれるのか楽しみです」と引退後の活躍に期待していました。

◆1億7,500万点
Amazonが開催した、年に一度のAmazonプライム会員向けのセールイベント「Amazonプライムデー」。今年は、過去最長となる48時間の開催とあって、売れた商品の数は、全世界で1億7,500万点を超えたそうです。

ちなみに、鈴村もこの開催期間に商品を購入したそうで「発売日はまだ先なんですけど(家庭用ゲーム機の)『PCエンジンmini』をポチりました」と打ち明けていました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

TOKYO FM+

「鈴村健一」をもっと詳しく

「鈴村健一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ