「トップガン」最新作に“Ninja”が登場! 粋な演出にファン歓喜

7月27日(土)18時0分 アサ芸Biz

トップガン

写真を拡大

 米海軍のパイロット養成学校を舞台に、トム・クルーズ演じる主人公がパイロットとして成長する姿を描いた映画「トップガン」。その続編となる「トップガン マーヴェリック」の予告動画がアメリカで7月19日に公開された。

 前作はトム・クルーズのかっこよさに加え、戦闘機「F-14トムキャット」のしびれるような描写があり、当時の男たちを夢中にさせた。中でも日本人にとって印象深いのは、トム・クルーズが愛車「カワサキGPZ900R」に乗り疾走するシーンだろう。

「GPZ900Rは川崎重工業が1984年に売り出した大型バイクです。日本は91年まで排気量750cc以上のバイクは販売しないという自主規制があったので、国内では発売されませんでした。そのためアメリカから逆輸入されたものです。北米のみ『Ninja』という愛称が付けられ、日本でもこの名で知られています。もともと注目度が高かったのですが、トップガンに登場したことでより人気になりました」(モータージャーナリスト)

 トップガンにとってもNinjaは大切なアイコン。新作でも登場するのか注目されていた。公開された予告編を見ると、ほんの一瞬だがNinjaが登場する。それはトム・クルーズが身支度を整え、出かけようとしているシーン。トムがバイクのカバーをサッと外すと、その下からNinjaが顔を出す。

「これだけでファンには涙モノですが、その次に、離陸する戦闘機と滑走路を並走するシーンはファンにはたまらないでしょう。トム・クルーズが乗っているのは昔のNinjaではなく、今の『Ninja H2』なんです。H2は川崎重工業グループの総力を結集して開発したマシンで、そのため『川』の文字をモチーフにしたリバーマークがつけられています。わざわざ最新車種を出してくるなんて、なんとも粋なはからいですね」(前出・モータージャーナリスト)

 Ninja H2が劇中でどんな活躍を見せるのか。トム・クルーズよりも見逃せない?

アサ芸Biz

「トップガン」をもっと詳しく

「トップガン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ