宮迫博之が島田紳助と沖縄で闇合体(2)「行列」復帰を紳助に打診した

7月27日(土)17時57分 アサ芸プラス

 そうした中、逃亡先としてリストアップされたのが、宮古島だった。それには理由がある。プロダクション関係者が明かす。

「実は、宮古島には島田紳助さんが所有するマンションの物件が複数ある。その中の一部屋を借りて潜伏するという計画が進んでいたんです。というのも紳助さんは、11年に山口組系組長との交際が発覚し、電撃引退したあと、当時、司会を務めていた『行列のできる法律相談所』の後釜に宮迫が選ばれたことで急接近。その後も番組の仕切りなどをたびたび電話などで相談していた間柄だったんです。いわば紳助さんがかつての自分の境遇と重なる宮迫に助け舟を出す腹づもりだった。しかも、宮迫は16年にガンの手術もしているので、南の島での生活は健康的にも最適だった」

 もはや引退した紳助にとって宮迫は、数少ないキズを持つ「弟子」とも言える存在だったようなのだ。

「紳助さんは、宮迫の先輩であるダウンタウン松本人志や吉本興業の大崎洋会長とも親しいのであまりおおっぴらにはしていないですが、今回も闇営業問題がなければ、『行列──』に紳助さんをゲストで登場させる企画も水面下で進行していた。その先導役を宮迫が担っていました。直接、紳助に直談判していたほどで、早ければ夏にも8年ぶりの芸能界復帰になることになっていた。ただ紳助さん自身はタレント活動をするつもりはなく、不動産事業などの賃貸収入で稼いでいるので、本格復帰の可能性は低かった」(プロダクション関係者)

 吉本サイドにとって「紳助引退」は、反社会的勢力との決別を世間にアピールするという意味では、大きな意義があったといえるが、圧倒的なカリスマ性を誇った紳助の復帰待望論が吉本内で根強いのも事実だ。この件で宮迫が果たした役割も大きかった。芸能記者が明かす。

「これまで紳助さんの復帰については、大崎会長やダウンタウンの松本さんも本人に直談判していたが、紳助さんの返事は『ノー』だった。ところが、限定的とはいえ復帰を認めたのは宮迫との関係があったからこそ。それが、今回の半グレグループとの密接写真で全てフイになった。今後、こうした反社会的勢力との交際が、発覚しても『禊を済ませれば復帰できる』という可能性を持たせるという意味では紳助さんの復帰は吉本にとって悲願でもあっただけに、Wパンチだった」

 事実とすればまさに吉本にとって、宮迫の契約解消は二重の意味で苦渋の決断だったのである。

アサ芸プラス

「島田紳助」をもっと詳しく

「島田紳助」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ