シャマラン監督『オールド』全米初登場1位!劇場での映画鑑賞は「最高のアート」と明かす

7月27日(火)13時30分 シネマカフェ

『オールド』NYプレミア(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

写真を拡大

『シックス・センス』『サイン』『ヴィジット』『スプリット』など、話題作を次々生み出すスリラー映画の名手M.ナイト・シャマラン監督の『オールド』。この度、全米公開に合わせてプレミアイベントが開催され、本作のメガホンをとったシャマラン監督ほか、ビーチに訪れる一家の父親役を演じた主演のガエル・ガルシア・ベルナルらが一挙に集結した。



7月23日(金)より全米で公開された本作は、7月25日(日)までの週末3日間で1,651万ドル(日本円=約18億2270万円)を稼ぎ、初登場No.1を記録した(※数字は7月26日付、Box Office Mojo調べ)。


プレミアイベントにはシャマラン監督、ガエルほか、アレックス・ウルフ(『ジュマンジ/ネクスト・レベル』)、エリザ・スカンレン(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)らキャストたちが、本作の舞台となるビーチをイメージした砂が敷き詰められた“サンドカーペット”に登場した。

ガエルは「このような機会でプレミアを開催出来るのは素晴らしいことだよ。僕自身はよく劇場に足を運んでいるんだ。メキシコでは劇場が営業しているからね」と語り、コロナ禍で長期間多くの人が劇場から離れていたが、本作を多くの人が再開した劇場で観ることに期待を寄せた。


また、シャマラン監督の作品でのお気に入りのポイントについて問われると「監督は真の映画人そのものだ。物事へのアプローチ、映画に関する知識や言語を自由自在に操ることが出来る。多くの試みをしてそれを随所に活かしている。創造力に満ちた雰囲気づくり、世界観を現場にもたらす方法を知っている。リスクも伴うけどリスクを冒してチャレンジしていかないと良いものは生まれないと思う」と魅力を明かした。


シャマラン監督もまた「このプレミアの開催日を選んだ時はまだコロナ禍で、上手く行くことを願っていた」と打ち明け、プレミアを無事に開催することができたことに安堵の表情を見せ、「劇場での映画鑑賞が最高のアートである理由は、1つの空間で観客同士が影響しあうなどたくさんある」と続ける。

「1人で映画鑑賞、読書をしても自分自身の世界観や感想しか生み出さないが、500人以上の見知らぬ人と鑑賞することで色々な視点を共有することが出来る」と言い、「皆が互いに影響し合う。こうやって集まれるということは素晴らしいことだ」と、劇場体験がもたらす素晴らしさについて語り、本作を多くの観客に観てもらえること、そして多くの観客が同じ空間で作品を鑑賞することによって新たな映画の視点を考えるきっかけを与えあうことに期待を寄せた。


コロナ禍でオーディションを実施し、撮影を行い、1800万ドルもの製作費も監督自らが捻出したという本作。実は本作のアイディアは、シャマラン監督の娘たちが父の日にプレゼントしてくれた“サンド・キャッスル”というグラフィックノベルが原案になっているという。

『オールド』は8月27日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

「監督」をもっと詳しく

「監督」のニュース

「監督」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ