葛谷葉子復活! 新曲を含む11年ぶりの最新ベストアルバムの発売が決定!

7月27日(火)11時30分 Rooftop

image002.jpg

葛谷葉子のニュー・ベストアルバム『MIDNIGHT DRIVIN'-KUZUYA YOKO MUSIC GREETINGS 1999〜2021-』が9月22日に発売されることが決定した。

葛谷葉子は1999年8月エピックレコードより松尾 潔のプロデュースによりデビューしたシンガーソングライター。デビューシングル「TRUE LIES」や3枚目のシングル「サイドシート」等の楽曲がFMを中心に耳の肥えたリスナーの支持を集める傍ら、CHEMISTRY、倖田來未中島美嘉等に楽曲を提供する作家活動も行い、2007年にはBoA「Love Letter」(作曲)で日本レコード大賞金賞を受賞。近年は作家活動に専念していたが、今回11年ぶりに新曲2曲入りのニュー・ベストアルバムをリリースし、自身の活動を再開することになった。

注目の新曲「midnight drivin'」はサウンド・プロデューサーにアジアをはじめ、海外のアーティストも多く手がけているURUを迎えて制作した軽快なR&Bで、日本でも人気のあるインドネシアのシティポップ・バンドIkkubaruの中心人物、Muhammad Iqbalがギターで参加している。もう1つの新曲「Honey」と共に2021年最新の葛谷葉子が堪能できるサウンドに仕上がっている。

アルバムは新曲2曲に加え2枚のオリジナル・アルバムから厳選した12曲を最新のリマスターで収録。また、印象的なアルバム・カバーは新進イラストレーターのmateppeが起用されている。

今回のリリースにあたり、葛谷本人とデビュー時の音楽プロデューサーである松尾潔からコメントが届いている。

葛谷葉子コメント

「GOLDEN☆BEST」から11年。またこうしてベストアルバムをお届けできることを大変嬉しく思っております。今回はこれまでの楽曲に加え、「もう一度歌いたい」そんな思いが強くなるなかで、ずっと書き溜めてきた曲の中から、新曲2曲を新たに収録させていただきました。当時の初々しい歌声やメロディーとともに、20年経った今だからこそ生まれたこの曲たちも、また皆さんに長く愛されることを祈っております。

松尾潔コメント

音楽に呼ばれた女。デビューしたとき、ぼくはそう呼んだ。葛谷葉子をもう一度定義したい。音楽にふたたび呼ばれた女。この音楽は、残る。


Rooftop

「ベストアルバム」をもっと詳しく

「ベストアルバム」のニュース

「ベストアルバム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ