中山美穂 似たような境遇にいる雨宮塔子との良好な関係

7月27日(水)16時0分 NEWSポストセブン

雨宮塔子が相談相手だという

写真を拡大

「背中を押してくれたのは子供たちで、(略)本当に心は決めてます」。フリーアナウンサーの雨宮塔子(45才)が7月25日夜、『NEWS23』(TBS系)の新キャスターとして初登場し、決意を語った。


「雨宮さんは古巣のTBSのレギュラーに17年ぶりの復帰です。かなり気合が入っていますが、キャスターの仕事を受けるのは悩みに悩んだ末の決断だったそうです」(テレビ局関係者)


 局アナ時代は『どうぶつ奇想天外!』などバラエティー番組で人気アナに。退社後は渡仏してパティシエと結婚し、現在13才、11才になる長女、長男を授かった。2015年3月に離婚した後も子供と共にパリで暮らしていたが、今回、キャスターの仕事に臨むにあたり、子供を残して単身日本に帰国した。


「友人のフランス人ママたちは“そんなビッグチャンスがあるなら絶対にチャレンジすべき”とアドバイスをくれたようですが、年頃の子供たちと1万kmも離れて暮らすのには葛藤があった。それに日本人ママたちからは“子供を置いてくるのはどうなの?”という反応が多かったようです。そんな時、相談相手となったのが、中山美穂さん(46才)だったそうです」(雨宮の知人)


 同い年の雨宮と中山の境遇はよく似ている。2002年に辻仁成(56才)と結婚して、2004年に長男を授かるも、2014年7月に離婚。長男の親権は辻が受け取った。そしてパリ在住経験が長い。


「海外生活や子育ての悩みは、日本人同士で話が合ったんでしょう。雨宮さんと同じく元アナウンサーでパリ在住の中村江里子さん(47才)も2人と年が1つ違い。3人で親しくしていましたね」(パリ在住日本人)


 一足先にパリを離れ、東京に生活の軸足を移したのは中山だった。昨年末に音楽番組に出演すると、3月には舞台、8月からは連続ドラマに出演と本格的に日本での仕事に打ち込み始めている。


「雨宮さんはキャスターの仕事はしたいけど、子供たちと離れたくない。だから、子供たちに“日本で生活するのはどう?”と提案したそうです。でも、フランスで生まれ育った子供たちの返事は、“フランスを離れたくない”というものだったようです」(TBS関係者)


『婦人公論』の最新号(2016年8月9日号)のインタビューで雨宮は娘から、《ママはママの人生を生きてほしいけれども、自分たちはこの環境を変えたくない》と告げられたことを明かしている。


「ちょうど雨宮さんが迷っているとき、中山さんが日本での活動を再開した。中山さんもまた息子をパリに残しての決意でした。中山さんという“先駆者”がいたからこそ雨宮さんも最終決断ができた。雨宮さんは仕事の準備のために日本を訪れるたびに中山さんと連絡を取っていたようです」(前出・テレビ局関係者)


 パリにいる子供と日本での仕事——揺れる思いを抱えた2人はある夜、東京・代官山のレストランで会っていた。行きつけのお店をリザーブしたのは中山だった。最近はいつも2人の話は、「私たちの選択はこれでよかったのかな」で始まる。


「雨宮さんが深刻そうな顔で悩みを口にすると、中山さんがふと“なんとかなるんじゃない”と励ます。パリでの思い出話、テロへの心配など話がつきることはないですがいつも最後には“子供たちのためにも、自分たちは胸を張って仕事をして、頑張って生きている母親の姿を見せることしかできない”という話に落ち着くそうです。


 中山さんの方も、雨宮さんを励ましている間に“自分も頑張らなきゃ”と思えるようで、パリにいる時よりも密度が濃いようです。本当に2人はいい関係のようですよ」(前出・テレビ局関係者)


 パリでは専業主婦は約5%、ほとんどのママたちが働いている。一方、東京は50%以上だという。


※女性セブン2016年8月11日号

NEWSポストセブン

「雨宮塔子」をもっと詳しく

「雨宮塔子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ