安藤サクラ 父・奥田瑛二ら家族6人で食事、奥田がおんぶ

7月27日(土)7時0分 NEWSポストセブン

子供を抱える安藤サクラと姉の安藤桃子

写真を拡大

 決して高級店ではないけれど、センスがあって、リラックスして楽しめる…都内の大きな公園の近くにあるそんなイタリア料理店は週末も、友人や家族連れで賑わっていた。


 7月14日の夜、その店から1組の家族連れが出てきた。通りすがった人は、相当驚いたようだ。奥田瑛二(69才)、安藤和津(71才)夫妻、長女・安藤桃子(37才)、次女・安藤サクラ(33才)。そして彼女たちの子供の“家族6人”が勢ぞろいしていたのだから。


「子供たちはすっかりお疲れのようで、すでに爆睡状態。サクラさんは2才になる娘さんを重たそうに抱っこし、桃子さんの娘さん(4才)は奥田さんがおんぶしていました。


 最低気温が20℃くらいしかない肌寒い夜だったので、ストールをぐるぐるとお子さんの上から巻いていたのですが、それがおんぶ紐のようで優しい“じぃじ”感満載でした。表情はうれしそうでしたね」(居合わせた人)


 奥田は70才目前ながら大忙しで、5日公開の映画『ダイナー』では冷徹な殺し屋を熱演。和津は昨年、“介護後うつ”を告白して話題を呼んだが、今は孫育ての手伝いに大忙し。


 映画監督の桃子は2014年に僧侶の一般男性と結婚し、高知に移住。昨年離婚したものの今も高知に住みながらたびたび帰京し、『news zero』(日本テレビ系)のゲスト・コメンテーターも務めている。サクラは映画『万引き家族』で女優賞を総ナメにし、平成最後のNHK朝ドラ『まんぷく』に主演。その活躍ぶりは言うまでもない。


「そんな多忙な家族が6人で集まったのは本当に久しぶりのこと。奥田さんが主演した映画『洗骨』の上映会とトークイベントが7月6日、7日に高知であり、その司会を務めたのが桃子さん。上映会の後、桃子さんは奥田さんと一緒に帰ってきて、この夜は家族6人で食事を楽しんだようです」(桃子の知人)


 サクラの夫・柄本佑(32才)は不在だったが、久しぶりに家族水いらずの一家団らんはじぃじの大奮闘で盛り上がったようだ。


※女性セブン2019年8月8日号

NEWSポストセブン

「家族」をもっと詳しく

「家族」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ