年末恒例の「笑ってはいけない」で加藤浩次にメイン級の出番が回ってくる!?

7月28日(日)18時0分 アサ芸Biz

加藤浩次

写真を拡大

 闇営業問題に端を発した吉本興業の騒動を巡り、日本テレビの対応に注目が集まっている。7月22日に行われた岡本昭彦社長の会見が炎上したのを受け、吉本所属芸人の加藤浩次は翌23日、大崎洋会長への直談判に及んだ。

 その加藤は「スッキリ」(日本テレビ系)のMCを務めており、同番組では連日、吉本問題について詳報。番組内で加藤は、現経営陣が代わらなければ退社する覚悟を表明するなど、吉本に対して厳しい態度を見せていた。その後、一連の退社発言を”事を大きくした”として謝罪した加藤だが、23日の会長訪問に際して日本テレビでは、吉本東京本社に入る加藤の姿を夕方の情報番組「news every.」にて生中継していた。

「日本テレビの姿勢で特徴的なのは、吉本の経営陣に反旗を翻した加藤をバックアップしていること。もし加藤が吉本を離脱した場合でも、加藤は『スッキリ』のMCを続投したことでしょう。そして同局にとっての看板番組でもある大型特番に関しても、加藤の出番が増えるとの噂があるのです」(テレビ誌ライター)

 その番組とは年末恒例の「笑ってはいけない」だ。同番組は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年末特番という位置づけになっており、ダウンタウンをはじめとする同番組の出演者を中心に、吉本芸人が多数出演している。大みそかには民放でトップクラスの視聴率を叩き出しており、今年年末の放送も期待されているが、そこで大きな変化が表れるというのだ。テレビ誌ライターが続ける。

「この『笑ってはいけない』で大事な役割を果たしているのが、《松本、浜田、アウトー!》の号令でおなじみの藤原寛副社長です。吉本芸人のトップに君臨するダウンタウンに対してケツバットの指令を出せるのは、かつてマネージャーを務めていた藤原副社長しかいないというのは衆目の一致するところ。ところが当の藤原副社長は22日の会見にてグダグダぶりを露呈した岡本社長を援護し、吉本経営陣としての顔を見せました。会見では生真面目な受け答えでメディアからの評価は高かったものの、もはや年末特番で笑いを誘う役目を引き受けるのは無理。それゆえ今年も『笑ってはいけない』を放送するのであれば、これまで藤原副社長が担ってきた役割を、他の誰かにバトンタッチする必要があるはずです」

 そこでがぜん注目を浴びるのが、加藤の存在だというのだ。だが加藤は吉本所属ながらこれまで、「笑ってはいけない」とはほとんど無縁だったはずだが…。

「たしかにバラエティ番組での加藤と言えば『めちゃイケ』(フジテレビ系)のイメージが強く、普通なら日テレとしては使いづらいはず。しかし今回は『スッキリ』のMCという立場で、世間からは善玉扱いされているのが強みとなります。それに後輩と言えどもダウンタウンに対して臆することなくツッコミを入れられるはずで、藤原副社長の穴を埋めるには絶好の存在でしょう。ともあれ今年年末の日本テレビは何かやってくれそうですね」(前出・テレビ誌ライター)

 迎え受けるダウンタウンとしても、加藤くらい強烈なキャラのほうが、番組を組み立てやすいのかもしれない。

アサ芸Biz

「加藤浩次」をもっと詳しく

「加藤浩次」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ