島崎遥香、初ランウェイも“塩対応”でクールにキメた! 「アイドルとは違う表情を」

7月29日(金)21時12分 Techinsight

島崎遥香、初ランウェイを堂々キメた

写真を拡大


2016年7月29日から8月4日までの7日間にわたり、東京・国立代々木競技場第一、第二体育館で開催されるエンタテインメントタウンフェス『a-nation island』。初日となる29日に第二体育館で『Girls Summer Festival by GirlsAward』が開催、ティーンに人気のモデル総勢35名によるファッションショーや、季節限定ユニットやガールズバンド、ダンスボーカルグループらによるライブパフォーマンスが次々にステージで繰り広げられた。そして今回、注目を浴びたのがAKB48・島崎遥香(22)の初ランウェイだ。

人気モデルやアーティストがステージに登場すると、そのたびに埋め尽くされた客席からは大きな歓声と悲鳴があがる。スペシャルショー『NYLON×Heather』に“ぱるる”こと島崎遥香が登場すると、「キャーーー!」と場内はさらに大きな歓声に沸いた。

シックなファッションに身を包んだ島崎は、大人っぽいメークで“塩対応”を思い起こさせるクールな表情で、大歓声の中、落ち着いた様子で堂々とランウェイを進んだ。その後、『バイトAKBぱるる選抜』で6,800人の応募者から選ばれて期間限定でAKB48で活動している繁藤冬佳、日出有香とともに再びランウェイを3人で闊歩した。


ランウェイの感想をMCの“まこみな”と“ゆしん”に聞かれた島崎は「ランウェイ初めてだったので、どういう表情でいったらいいかわからなくて。アイドルとは違う表情をしなくちゃと思って」と終わったばかりのステージを振り返った。今回のファッションについては、「女性らしいワンピにMA-1、(ベレー帽を指して)秋冬のトレンドのくすんだカラーが入ってて今年らしいと思いました」と説明。

繁藤冬佳は「頭が真っ白になってしまって、モデルさんって、本当にすごいなって改めて思いました」と驚き、日出有香は「本当に緊張して、(会場が)しらけちゃうんじゃないかと心配したけど、島崎さんのファンが温かく迎えてくれたので嬉しかったです」と涙目になった。

島崎は繁藤、日出との活動として「バイトルのCMに3人が出演したり、CMのカップリング曲に私たち3人が歌を入れることになりました」と会場のファンに報告した。


また、グランドフィナーレでは先頭に立って登場した島崎は、にこやかにファンに向けて手を振って、今日の感想として「初めてのことでいい経験になりました」と答え、ゆしんが「皆さん、ばるるちゃんに拍手を!」と会場に呼びかけて、拍手喝采を浴びていた。


この日のファッションショーは、モデルで女優の三吉彩花(20)がトップバッターを飾り、お笑いコンビ「ますだおかだ」岡田圭右の娘でバラエティ番組でも注目されている岡田結実(16)もランウェイに登場した。また、アイドルグループ「私立恵比寿中学」から松野莉奈と中山莉子もモデルとして出演した。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

島崎遥香をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ