オダギリジョー&C.ドイル、固い絆写し出すメイキング写真一挙解禁『ある船頭の話』

7月30日(火)17時40分 シネマカフェ

『ある船頭の話』メイキング(c) 2019「ある船頭の話」製作委員会

写真を拡大

俳優・オダギリジョーが長編初監督を務めた映画『ある船頭の話』から、オダギリ監督らを写したメイキング写真と、美しい日本の原風景を写し出した劇中カットが到着した。



山奥の村を舞台にした“本当に人間らしい生き方”を世に問う問題作『ある船頭の話』。主人公の船頭トイチ役を名優・柄本明が演じるほか、村上虹郎、伊原剛志浅野忠信村上淳蒼井優、笹野高史、永瀬正敏、橋爪功ら豪華な面々が参加している。


監督・脚本はオダギリさんだが、撮影監督はクリストファー・ドイルが担当している本作。ドイル監督作品(ジェニー・シュンと共同監督作)『宵闇真珠』の撮影時に運命的な出会いを果たしたこの2人。「ジョーは監督しないのか? ジョーが監督するときは俺がカメラをやるから、何でも言ってくれ」と声を掛けられ、今回のタッグが実現したという。


今回到着したメイキング写真では、そんな2人が仲良さげにふざけあうオフショットや、本番撮影時の真剣な表情などが切り取られている。


オダギリ監督の期間限定映画公式Instagramでは、「いっぱいいっぱいな僕の代わりに、ムードメーカーとなり、みんなを引っ張っていってくれました。常識なんて気にしない、最高の翁ですよ。笑」というコメントと共に写真を投稿しており、今回の写真からも信頼で結ばれた固い絆が垣間見えるようだ。


ほかにも、永瀬さんや川島さんと監督として向き合う姿も公開された。


さらに併せて公開された場面写真では、川島さん演じるヒロインの少女が妖しげに岩場に佇む姿をはじめ、ただならぬ表情で叫ぶ源三(村上虹郎)。


村と町を繋ぐための河渡しを生業にしている船頭・トイチの客人として、牛と一緒に河を渡る客(笹野高史)や、故郷を懐かしむ客(草笛光子)などの姿も切り取られている。


なお、本作は8月28日より開催される第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門(コンペティション)への出品も決定している。

『ある船頭の話』は9月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

シネマカフェ

「オダギリジョー」をもっと詳しく

「オダギリジョー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ